意外にも
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    コロナで緊急事態宣言が出され、それが解除されてからしばらく経ちますが、なんか東京の感染者数ったらどんどん増えてきて不安です。

    特にいわゆる夜の街関連…小池都知事は感染者周りの検査をするようになったから感染者数が増えるのは当たり前…という考えらしいけど、パタは毎日その夜の街関連のあたりを通過したり利用したりするので怖さも一入です。

    パタ基礎疾患ある人だから、本当に移りたくないんだってば。

    パタの住んでいる町は都庁にもほど近いので、観光客や安い宿を求める外国人の人が結構いたりするのですが、先日近所のスーパーに行ったときも、でかい体の西洋人の団体が、道端でノーマスクでたむろしながらビールを飲んでいるのを見かけた時には思わず、行きも帰りもにらみつけてしまいました…。

    頑丈な人は本当にコロナなんて恐れなくていいかもしれないけど、パタは基礎疾患、両親は後期高齢者なんだから、うちにはコロナは絶対入れてはいかんのです…。

     

    道端でご近所の人とお会いしても話題はコロナが多いです。いや、パタは傍観しているだけだけど、母は知った人なら100%声を掛けてその場でおしゃべりしてしまいます。

    そういう話題でも、繁華街に出るのが怖い…などという話が出まして、みんなやっぱり恐れているんだよなあ…とは感じました。

    でも、あの緊急事態宣言の時に痛めつけられてしまった経済活動をまた繰り返すわけにいかないことぐらい、パタの単純なおつむでもわかるので、たぶんもうよっぽどのことがない限り、あの緊急事態宣言は出されないのでしょう。

    それなのに意外だったのは、コロナ関連の報道で感染者数が増えてから、繁華街の人出が減ったというニュースでした。

     

    繁華街をいくつか挙げて、パーセンテージで減ったことをリポートしていましたが、一番減ったのがなんと原宿だそうで…。

    原宿といえば若者の街で、一番言うことを聞かない子たちがたむろしているような気がしたのですが、実は老人たちよりも若い子たちの方がよっぽど周囲に気を使うのか、わが身を守るのに慎重なのか、出歩かないようですね…。

    まあ、若者たちは将来に夢も希望もあるから、今の我慢ができるということなのかもしれませんが。

    実際、コロナに罹って無症状の人たちが振りまいていると思われるので、慎重になることはとてもいいことだと思います。

    …うちの会社も彼らを見習って、またテレワークを復活させてくれないかなあ…パタ出歩くの、最小限にしたいっす。

    色々大変ですが、何とか乗り切れればいいなあと思います…。

    日常生活 | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    バスキュラーアクセス
    0

      JUGEMテーマ:透析腎不全

       

      透析の先生の勧めで今日は初めての病院に行ってきました。

      その病院の名前に表題のバスキュラーアクセスというのが付いていたのです。なんか聞いたことのない言葉…と思い、調べて見ましたら、透析をしている人には必須のシャントなどの総称ということらしいです。

       

      パタは長年透析をやっていて、シャントトラブルは1度しか経験がありません。

      中には、何度作ってもすぐつぶれちゃう…などという人もいるのですが、パタはなんだか優秀な血管で、一度のシャントトラブルも透析が原因ではなく、寝ているときにベッドのふちに押し付けてつぶしてしまった…という、一種不可抗力な事故のためでした。

      なので、そのシャント専門のお医者様にかかるのも初めてなのですが、そういったら看護師さんに驚かれました。

      パタほど長く透析をやっている人は必ず、一度や二度はそういう病院を訪れているのだそうです…。

      そのパタがなぜ突然通院することになったかというと、以前から問題ではあったのですが、どうやらパタのシャントは2重シャントというものらしいのです…。

       

      パタが持っているのは内シャントという、皮膚の下で静脈と動脈をつなげて静脈に動脈の血流を確保する…といったものなのですが、1度のシャントトラブルで作り直したシャントが実はまだ生きていたらしいのです。

      なので、パタの左腕にはとんでもない血液の奔流があると思われ…それで何が問題かというと、血流が多すぎるために心臓に負担がかかってしまう…とのことでした。

      先生曰く、このシャントをつぶすのは結構大変だ…でも、大変なのは医師だけで、貴方にはあんまり影響ない…とか。いや、あるでしょうよ、長時間の手術になったら…。

      そして、つぶれている血管が一つあるので、もしも今生きている血管がつぶれた場合替えが効かないから、保険の意味で取っておいてもいい…とのことでした。

      でも心臓に負担がかかるのはイヤンだし、なんかここ数年で急にシャントがゴツゴツと盛り上がってしまい、なけなしの乙女心がうずくので、つぶしたほうがいいような気もするのですが…どうにも判断が付きません。

      また透析の先生にご相談して、それから決めようと思います…。

      それにしても、手術なんてヤダなあ…いったいパタは生涯のうち、何度体を切り刻まなければならないのでしょうか…。

      ぜひ穏便に済むよう…祈っております…。

      人工透析 | comments(0) | - | -
      entry_bottom
      心配
      0

        JUGEMテーマ:わんこ

         

        こつぶちゃんが帰宅しました。

        先生は繰り返し簡単な手術とおっしゃったので、内視鏡を使うような小さな傷だけで帰れるのかと思っていましたが、こつぶちゃんのおなかには結構な傷跡が…。

        こつぶちゃんが避妊手術をするときに、パタが少しでも痛くないように、傷も目立たないように…と配慮してお高い内視鏡手術を選んだのが元の木阿弥です。そしてしかも、今回の手術がその内視鏡が元だとしたら、本当に痛い思いを余計にさせただけでやるせないです。

         

        どのワンコもそうだけど、結構な傷があっても人間みたいに痛いよ痛いよとおとなしくなっちゃうことは少なくて、限界まで遊びまわります。今日も、階段を駆け下りようとして母に止められてました。

        あんなにおなかを切られたら、絶対に痛くないはずはないと思うのですが…。

        そして今、パタの足元で寝ているこつぶちゃんが、ひっきりなしにクウクウ言っているので、犬の母としてはとても心配です。

        人間なら痛いというなら鎮痛剤でもあげるのだけど、こつぶちゃんはもともと寝言のめっちゃ多い子なので、苦しんでいるのかそうでないのかいまいちわからないです…。

        今夜はこつぶちゃんのためにエアコンつけたまま寝るかな…パタが風邪をひきそうなんだけど。

         

        ちなみに料金ですが、高かったけど想定していたよりはだいぶ安くて、カードも1枚の限度内で済みました。下手すると60万円ぐらい持っていかれる…と覚悟していただけに、とてもありがたかったです。

        さて、明日こつぶちゃんが少しでも元気になっていますように…。

         

        こつぶちゃん | comments(0) | - | -
        entry_bottom
        静か…
        0

          JUGEMテーマ:わんこ

           

          今日はなんだか家じゅうがひっそりしてます。

          こつぶちゃんが一日入院しているからです。

           

          こつぶちゃんのおなかに出っ張りを発見したのはもう結構前で、気にしながら観察していたのですが、どんどんでかくなる一方です。

          こつぶちゃんは小型犬らしくよく無駄吠えする子で、吠えるたびに出っ張る…と父が心配しています。

          パタだってそんな出っ張りないほうがいいに決まっているから、数年前からちょくちょくお医者さんに見せていたのだけど、今のところは多分脂肪が出ているのでしょうが、こんなにどんどんでかくなってそのうち腸とか脱出しちゃったら命にかかわるから、今のうちに簡単な手術で穴をふさいだ方がいい…と言われてしまいまして。

          口腔ケアも併せて全身麻酔で手術、処置、一日入院です…。

          わんこの場合、怖いのは手術よりも全身麻酔…近所の子が、量が行き過ぎたのかそのまま亡くなってしまったことがありました。

          まあ、やっぱり藪だったのかなあとは思うけど、うちの若ちゃんもさんざんお世話になっていた先生で、当時は結構繁盛していたのだけど、その亡くなってしまった子のお母さんがそのことを丁寧にあちこちに言いふらしたせいか、今は閑散としちゃってます。

          人間の病院もそうかもしれないけど、評判って恐ろしいです…。

           

          もとい。パタにはもう一つ怖いことがあります…。

          こつぶちゃんの入院費用です…なんと、臍ヘルニアと口腔ケアにはどうやら保険が効かないのでした…。

          毎年安くない保険料を支払っているのに、効かないってどういうことなの…。これは父には絶対に内緒です。

          父は超が付くけちんぼなので、10割負担で医療費を払ったなんて言ったら怒り狂います。

          よせばいいのに絶対聞いてくるに違いないうちの父、パタは嘘が下手だから、どうやっていなそうか今から考えてます。

          どうか少しでも保険が効きますように…。

          こつぶちゃん | comments(0) | - | -
          entry_bottom
          抗えない
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            今日のお昼ご飯は、会社の社員食堂で食べましたが。

            メニューが昨夜のおかずと、昼食に食べたカレーうどんでかぶってしまいました。

            前日に食べたものとかぶるとか、社食で食べたものが晩御飯でかぶるとかは割とありますが、昼も夜もとなるとちょっと珍しい。

            透析の体重調整的に、本当ならパタにとってカレーうどんは危険そのものなのですが、ついまた食べてしまいました…。

            もう一つのメニューのチキンステーキが嫌だったわけじゃないんだけど、カレー星人のパタとしては、カレーを出されるとなかなかに抗いがたいのです。

            社食のメニューでカレーが出るときはなぜか月曜日が多くて…多分、休み明けでも簡単に作れるからだと思いますが…さすがに月曜日の体重でカレーを食べてしまうと、その後透析で悶絶することがわかっているのでいつもは涙を呑むのですが。

            今日はまだ水曜日だし! 今朝は蒸し暑くて汗をたっぷりかいたから! たまにはカレーうどん食べてもいいじゃん…!と簡単に誘惑に負けてしまいまいして。

            こってりしたやつをすっかりきれいに平らげてしまいましたw

             

            社食のカレーうどんは本当にカレーがこってりしていて、普通にご飯にかけてもいいような奴がうどんにかかっているイメージでしたが、昨日のお昼に母が作ってくれた奴は、残り物のカレーだけで作るので、だいぶ麺つゆで薄めてサラッサラでした。

            お味が悪いわけじゃないんだけど、カレー星人としてはやっぱり、薄い…と思いながら食べたので、今日のお昼は大満足でした。

            ちなみに…パタはカレーうどんだと一口に2本しか食べません。

            昔のうどんのCMで、粋な女性が思いっきりうどんをすすり上げるのをやっていましたが、それをやっちゃうと跳ねまくって大惨事になることがわかっているので、おしとやかに慎重に食べるのですw

            本当は1本ずつ食べたいところなんだけど…うどんだと太いから、そういう食べ方をしてもある程度口の中はいっぱいになるので…でも、そんなことをしていると時間がかかってしょうがないので、妥協して2本ずつなのですが。

            普通に食べている子とそんなにかかる時間が変わらないことがわかってちょっと安心しましたw

            これからも2本食いで行こうと思います。

            …何の報告かと思いますが…。

            今日はおいしいものを食べて心が満ちました、ということで。

            仕事 | comments(0) | - | -
            entry_bottom
            0

              JUGEMテーマ:今日のこと

               

              明日ちょっとしたお客様がいらっしゃるので母が張り切ってます。

              あちこちの掃除をしつつ、玄関に花がない!とのことで…先週生けたお花は1週間持ちませんでした…急遽花屋さんに行きました。

              それが、あてにしていた近所の花屋さんがお休みだったので…今日七夕で、お店の前に大きな笹まで飾っておいて、なんで休むかな…とにかく、その他には近所にお花屋さんがなかったので、わざわざ父が大好きなお花屋さんに自動車で一家全員で行きました。

               

              とはいっても、こつぶちゃんと父は自動車で待機でしたが…。

              パタは初めて入るそのお花屋さん、結構広い敷地に生花からアレンジメント、造花や園芸用品なども売っていてなかなか手広いのでした。

              先週生けたお花の、モンステラがまだ青々としていたのでそれを残すことにして、八重に咲いているひまわりと、ピンクのブバリア、白いクルクマを買いました。

              さすがにこれだけ長いことお花をやっていると、多少はお花の名前も覚えたようで、ブバリアなんて言うあんまり聞かない名前のお花もすんなり口に出ました。

              お値段も結構お安かったです。日本って本当にお花が高くて、下手にお花を生けようと色々取り揃えると、たいしていいものもないのに平気で3000円とかしちゃってビビります。

              今日買ったひまわりは茎が細くてあんまり長持ちしそうもない気もするけど、お値段を考えると上々と思います。

              さっき生けてきました。パタこれでも一応池坊の正教授なのでw自由花ぐらいなら結構お手の物ですw

              ピンクのブバリアが効いて、かわいいお花ができました。

               

              さて、そのお客さん、本当に珍しいお客様で、本当ならパタもちゃっかりお会いしたいところなのですが、残念ながら明日はどうしても出勤しないといけないのでお会いできないのです。残念。

              まあ両親がいいようにもてなすでしょうから、パタはそのお話を楽しみに聞くことにしておきます。

              日常生活 | comments(0) | - | -
              entry_bottom
              窓が…
              0

                JUGEMテーマ:透析腎不全

                 

                テーマを透析腎不全としましたが、正確にはちょっと違う。…というか、透析腎不全って言葉、聞かないんだけど。多分透析のことなんか知らない人がつけたテーマ名なんだろうなあ…。

                もとい。

                パタの病院が入っているビルは、小ぎれいですが結構古いそうで、先週の金曜日から空調が壊れてしまったとのことでした。

                透析の病院って、うちの病院は特に、狭いところに限界までベッドと透析の機械をぎゅっと詰め、それらがずっと稼働しっぱなしなので、かなり暑いのです…。

                普段、エアコンをつけていても全然冷えなくて、パタはいつも簡易な温度計をにらんでがっかりしています。28度より下だったことなんてないんだもの。

                28度あったら、普通に熱中症になるってば…。

                あんな暑い環境だから、パタに限らず汗だくになるらしく、枕なんかすぐにヘタって微妙な色合いになります…。

                本当に改善してほしいんだけど、ビル全体の空調だということで、病院関係者はどうにもならないそうです。

                しょうがないからパタは、お扇子と今年はまだ使ってないけど、首からかける扇風機を使って何とかしのいでます。

                 

                空調が壊れたということは、原始的な手段に頼らざるを得ないということで、今日は最初から窓が開いてました。

                真ん中にビスを打ってあって、大きなガラス窓が左右に開店して開くタイプの窓で、パタの方を向いて開いてました。

                なので、普段は日光で暖まっちゃって、激熱なパタのベッド周りだけが妙に涼しかったみたいです。風が吹き込んできて結構快適でしたが、湿気まではどうにもできず、雨も時折吹き込んでまいりました。

                まあ、びしょびしょになるような雨じゃないし、奥の方の人たちは風も通らなくてものすごく暑かったそうで、珍しくラッキーでした。

                次の透析の時までに何とか復調しているでしょうか。病院関係者には、管理費払わねーぞ!と脅しとけ…と悪知恵を入れておきましたが。

                 

                ところで、九州の方では大変な大雨になっていて、犠牲者も出てしまっているようです。

                本当に、なんだか九州は毎年こんな災害があり、雨でなければ火山の噴火…と、いつも胸が痛くなるような報道が続きます。

                どうぞお一人でも助かってください。水が出るのはあっという間ということですから、遠慮したり恥ずかしがったりせず、命を優先してください。お願いします。

                そしてコロナで初めてよかったと思えることは、海外からの渡航者を封鎖していること。火事場泥棒はかなり減ると思います。

                こういうことになら税金を使っても惜しくありません。どうぞ皆さまお大事に…。

                人工透析 | comments(0) | - | -
                entry_bottom
                投票日
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  都知事選でした。

                  雨が降っていたので、出かけるのが億劫で、期日前選挙にすればよかった…とか、パタ一人が投票しなくても、きっと小池百合子さんの大勝で間違いないだろう…とかも思いましたが、両親がワクワク支度してしまい、行こうと誘うので仕方なく行ってきました。

                  ちなみに、こつぶちゃんもあたちも連れてけ!と騒いでいましたが、今や結構な巨体のこつぶちゃんは投票所内には入れないし、抱きかかえたまま待っているのも結構骨なので自動的にお留守番です…ブウブウならぬキャンキャン文句を言っておりましたが。

                   

                  今調べてきましたが、投票率55%ということで…いつもより少し多いのでしょうか…それにしても低いなあ。投票権がある人の二人に一人が投票しなかったという事実、恐ろしいです。しかも、おそらくはその二人に一人の投票した人の年齢は、ほぼ60代以上とかになるんじゃないでしょうか。

                  まあ、パタが行ったときにはたまたまかもしれないけど、若人がたくさんいて、おお、よしよし…とか思いました。

                  選挙のスタッフの方も若い人が多かった。これもよかったのじゃないかと思います。

                  パタも実はうんと若いころ、知り合いの人に進めてもらって選挙スタッフのバイトをしたことがあるのです。

                  うちの地区の場合は近所の公民館で投票をするのですが、舞台があるところが投票場で、舞台には緞帳が下ろされていて、その舞台の上がスタッフたちの休憩所になっていました。

                  もちろんバイトですから給金も出るのですが、その休憩所に行くとお菓子もお茶も、軽食も食べたい放題なのです。

                  選挙スタッフってたいていいつも決まった…こういっちゃなんなんですが、ご老人がやっていて、ほぼほぼ休憩所に引っ込んで一日を過ごすような人も結構いたりしました。

                  パタは二日あった選挙の一日目がひどい頭痛で、でも重要な任務を任されたのだから休んではいかんだろ…と思い、痛みのあまりゲロゲロ吐きながらも頑張ったのですが、あまりにつらくてその辺のベンチで倒れているのを一般の人に目撃され、あの人は係員の癖にけしからん…などとチクられたりしていました。

                  頭痛を押して必死に働くパタの方が、休憩ばっか取ってろくすっぽ働かずに給金と差し入れだけごっそりもらってくおばちゃんよりもましだと思うんだけど…。

                  もとい。何を言いたいかというと。

                  そうやっておいしい仕事を掴んで離さないご老人には遠慮してもらい、もっと若いスタッフを採用すべきです。

                  お友達がスタッフやっているから来てね!といえば、来る若者も多いんじゃないでしょうか。

                  そうして選挙、ひいては政治に若い人たちにもっと関心を持ってもらいたい。今回の小池さんの当選は、パタにとっては当たり前ですが、石原さんが再選したときにはなんであんな何にもしない爺に…!と憤慨したものでした。

                  選挙に行かなかった若者たちは、政治でどんなに納得がいかないことがあっても一つも文句を言ってはいけないと、肝に銘じてほしいです。棄権という自分の意思を示したのだから、もうその人は口をはさむ権利がないのですよ。

                  本当に、もっと若い人の投票率が上がることを祈ってます…。

                   

                  日常生活 | comments(0) | - | -
                  entry_bottom
                  認識の違い
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    髪を切ってきました。

                    もともとショートなので大して違わないのですが、今まで横に大きく広がっていた伸びかけのパーマヘアを何とかしたくて、ボブっぽくしたい…と言ったら、いつもの美容師のお姉さんが頑張ってくれました。

                    うん、頑張ってくれたんだけど…なんかどうにもパタの思い描いていたイメージと違う頭です…。

                    ボブって、こんな頭? もうちょっとパタ的には裾広がりなイメージなんだけど。

                    なんというか、単に普通にショートの気がします…。

                     

                    シャンプー選びに迷走してしばらく経ちます。

                    どうもノンシリコンじゃないシャンプーを買おうと思って選んだシャンプーはやっぱりノンシリコンだったみたい。洗いあがりが今一つですが、以前よりはだいぶましです。

                    もうやっぱり、今度買うときにはネット検索でシリコン入りシャンプーって入れて買おうかな…。

                    てゆーか、シャンプーだろうが何だろうが、えらいお金を掛けて買えば髪の調子もいいのはわかっているのです。でも、生活圏内で買える、適度なお値段のものがほしいんじゃん。

                    そんなことをブツブツ言っていたら、同情してくれたのか、美容師のお姉さんが、髪にベビーオイル付けるといいですよ!と教えてくれました。

                    案外軽くて洗う時にもすぐ落ちるし、しっとりしていいのだそうです。

                    本職がいいっていうなら今度買ってみよう…今パタが使っているのは、やっぱりネットでまとめ買いしたかなり高価なオイルなんだけど、ベビーオイルならお値段もGoodですな。

                    もとい、そんなことで髪がものすごくばさばさなので、今日はトリートメントもしてもらいました。

                    おかげでお値段がかなりいっちゃったけど…やっぱり古いとはいえ現役OLであるならば、多少は見栄えにお金をかけないとダメでしょう…。

                    まあ、その努力を誰かに察してもらうことってほとんどないんだけども…。

                    そして、今日美容師のお姉さんがやってくれたような頭には、多分パタ一人では二度とできないんだけど…。

                    ヘアスタイルもちょっと変えたので、心機一転また頑張りますw

                    日常生活 | comments(0) | - | -
                    entry_bottom
                    怖い
                    0

                      JUGEMテーマ:日々のくらし

                       

                      コロナで緊急事態宣言が出て、それが明けてからしばらく経ちますが。

                      東京都の感染者数が昨日に引き続き100人超えで、しかもパタの行動圏内でかなり多くの患者が出ているようでとても恐ろしいです。

                      これでもパタ一応病弱な人なので…。とは言いながら、先日パタも、緊急事態宣言が明けてすぐの銀座に繰り出した口ですが。

                      皆様外出に飢えていたらしく、結構な人出でした。あの頃にわんさと外に出ていた人たちが次々感染が発覚しているのでしょうか…。

                      本当に早くワクチンが開発され、広く世にいきわたるといいなあと思います。

                      …ワクチンの作成に成功しそうだって、イギリスとかアメリカの製薬会社が言っているけど、日本ではできないのかなあ。日本人は、オリジナリティが苦手だというのは重々承知ですが。

                      なんか…イギリスとかアメリカの薬だと今一つ信用がおけなくて…。

                      平気で甚大な副作用が出たり、飲めるか!というような巨大な錠剤だったりしそうです。

                       

                      アメリカの、コロラド州だったかな、若い人たちがコロナ患者を招いてパーティーをして、誰が一番早く感染するかを競って問題になっているようです。

                      なんでも、参加費用を集めて、最初にコロナ感染した人にそのお金をあげることになっているとか。

                      まあそりゃ、若い人はコロナに罹っても大したことなく済んでしまうかもしれない。でも、あなたのお家で待ってるご両親や祖父母の方、まじめな友人やいつも挨拶してくれるかわいい子供とかにも移しちゃうかもしれないんですよ。

                      …というか、平たく言って本当にバカなんじゃないの…。アメリカ人って白人至上主義とかいうけど、本当にレベル低い。

                      まあ、そういうバカがすべてじゃないと思うけど、もう少し想像力を働かせろよ…と思います。

                       

                      まあ日本にも似たようなバカは結構いて、緊急事態宣言明けたら、あるいはその前からホストクラブでいわゆる密な状態にいた人たちが、今更感染したからと言って被害者面して移された…とかいうの、本当にバカみたい。あんなにみんなが密を避けろだの、ソーシャルディスタンスだの言っているときに、楽しい思いをしてきたんだからしょうがないんじゃないの…。

                      とまあ、人の悪口はこの辺にして。

                      小池さんはよく頑張っていると思います。今日も髪が跳ねたまま記者会見…なんて記事になってました。

                      石原のじいさんだったら、ここまで頑張れないよ。とっとと代理人を立てて、自分はほっかむりしたことでしょう。

                      ということで、都知事選もみんな頑張って行きましょうね! くれぐれも変な党の人に入れないでね!

                       

                       

                      日常生活 | comments(0) | - | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search