まだ早い
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    ここの所雨続きで、ついにエアコンのお掃除をしないまま暖房稼働してしまいました。

    朝の出勤のときも寒くて寒くて、考えた挙句、ダウンを出してしまいました…朝はちょうどよかったけど、帰るときはやっぱりまだちょっと暑かったです。

    なんか…今の季節に着るような、中間の上着がないのです…いや、あることはあるのだけど、プレタポルテの当社商品で、こんな雨の日に着るのはもったいない…とか思えてしまうので。

    一つはまあ会社バーゲンで買ったやつだから、着てもいいのかなあと思うのですが、色が淡い水色で汚れそうだし、もう一つはショップで買ったやつなので、やっぱりもったいなくて雨にあてたりしたくないのです…。

    今日は、利発なIちゃんが、やっぱり会社バーゲンで買ったというコートを着てきていて、バーゲンで買ったからいいんです!と言い切っていました。パタは一つのお洋服をずっと長く着るからそういうことに神経質になっちゃうんだなあ。会社バーゲン結構しばしばあるんだから、もっと惜しげなく着てもいいのかもしれない。うん…。

    でも、貧乏性というかなんというか、なかなかそういうのは思い切りが付かなかったりするのです…。

    明日もまた寒いんだろうか。また何を着て行けばいいのか悩みそうです。

     

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    好きな「きのこ料理」なに?
    0

      好きな「きのこ料理」なに?

       

      毎日お題を考える人も大変ですなあ…と思わざるを得ないお題…。

      でも、お題の更新頻度よりパタの駄ブログの更新頻度の方がよっぽど勝っているのだから、パタはちょっとばかり天狗になってもいいんだろうか。

      ともかく、今日は話題がないのでお題です。いつまでもうだうだ言っていても仕方がないしね。

      とはいえ、キノコ料理ねえ…明確に何が…と言い難いところが何とも言えない感じです。

       

      きのこ料理ってまったけご飯とか、そういうこと? そんなの大好物!って言えるほど食べてない…というのが正直なところ。

      パタあたりだったらしいたけを網焼きしてお醤油を垂らしたのだとか、マッシュルームをバターでいためたのだとかは大好きです。

      そもそも好き嫌いが少ないので、たいていのものならおいしくいただけますが…、ああ、あとすき焼きに入ってるえのきだけとかは好きかな…最近すき焼きをすると、白滝とえのきだけばっかり食べてる気がする。親はどんどん肉を食えっていうんだけど、味がしみしみな白滝やえのきだけ、焼き豆腐なんかの方がおいしいお年頃…。

      …余談ですが、また近々お肉を食べる会が部内で設けられるそうで…パタは正直、お肉は一切れでいい…とか思っちゃうのですが、若い子たちが目をきらめかせて熟成肉!と今から涎を滴らせているのでそんなことは言えません。

      …そう思うと、お肉を食べに行くという計画を立てると、私はお肉はそんなに大して食べたくない!と言い切っていたお姉さまはすごかった。あんなに自分の主張ばっかり力強く言えるだけの胆力、パタも見習っておくべきだった。うん。

      まあとにかく、キノコだろうがなんだろうがおいしくいただきますよ〜とこの辺で。
       

      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      不満…
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        ちょっと今日は心が不安定です。

        会社で面白くないことがあったからです。

         

        今の社長は親会社からの出向の割と若い人で、なんだか張り切っているのです。

        いろいろちょっと無茶なんじゃ…と思えるノルマを課したりして、会社全体の底上げに躍起になってます。

        それで彼が思いついてしまったのが、本社の社員全員と会話をする機会を持ちたい…ということだったようで。

        で、今日は部を区切り、さらに一般の職員に区切って社長とのお食事会が設けられているようなのですが。

        パタは呼ばれませんでした…。

         

        いや、そりゃたしかにパタは一般とはちょっと違うかもしれないですよ。嘱託社員だし。

        でも、時間が少々短いとはいえ、毎日出社しているし、社歴も今となっては本社内でも相当長い方に入ると思います。なんなら部長より長いかも。

        同じく正社員を経て今はアルバイトとして勤めているMちゃんが、私も呼ばれない〜と言って憤慨していましたが、彼女とはわけが違う。彼女は毎日来るわけじゃないし、一度退職して長いブランクだってあるし。

        その人と同じように取られたというのがなんだかとっても納得がいかないのです。

        パタが口を尖がらせていたので、若い子が、今日の会で時間があったら社長に言っておきます!と言ってくれましたが、そんなこと冗談交じりに言われたくない。

        はっきり言ってパタは下戸だし、仕事を終えた後の飲み会なんか疲れちゃって付き合いたくはないんだけど、ハナから呼ばれないのは別問題です。

        本当に馬鹿にされてる…これはやっぱりありのままを就職サイトの口コミ欄に書き込むしかないのでしょうか。

        いつか本当にやってやりそうで、わが身がちょっと怖いです。

        でも、下っ端をないがしろにすると怖いんだということを思い知らせたい気持ちでいっぱいでもあります。

        仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        昔、どんなバイトやってた?
        0

          昔、どんなバイトやってた?

           

          昔と言っても本気で昔過ぎて、ちょっと思い出すのに手間取りましたw

          パタは若いころから病気したこともあり、あんまりバイトもやってません。というか、いまだにバイトをしているようなものでもあります。

          厳密な意味でバイトというなら、母が勤めていた地元の耳鼻いんこう科で受け付けのバイトを少々。あと長かったのは郵便局の事務ですな。

           

          郵便局は、高校生になったら年賀状の仕分けのバイトのお誘いが来て、おもしろそうなので行ってみたら、何かに登録されたらしく、その後も時々呼ばれるようになりました。

          たいていが切手を貼ったり判子を押したりというたわいない仕事でしたが、なんだか待遇が良くて、お茶菓子なんかごちそうになっていた気がします。今考えるとありえない。さすが親方日の丸…。

          事務のバイト自体は確か、ご近所さんからこんな仕事がある…と紹介されていったような気がしますが、当時はやりだったワープロ…いかん年がばれるw…がパタは少々できたので、それでかなり重宝された気がします。

          事務はまあともかく、ずいぶん可愛がっていただきました。当時パタはまだ二十歳そこそこだったので、いろいろ珍しがられたのでしょう。

           

          パタのバイトとは全然違いますが、郵便局と言えば記念切手など折々に売り出しますが、その中で一つ、どうしてもやらせてもらえない仕事がありました。

          記念の消印を押すという仕事があったのですが、それはプロのアルバイターがいるそうで、それだけは絶対にやらせてもらえなかったのです。

          消印を押す位置にいろいろ細かいこだわりがあるそうで、記念切手の上だとか、半分だとか、あるいは枠の中にきれいにおさめるだとか、そういう技があったようです。

          プロアルバイターさんたちは、たいていお年を召した方たちで、今思うに定年退職後の郵便職員か何かだったのではないでしょうか。

          彼らはパタたちよりよっぽどのんきにお茶菓子を食いながら、本当に実にきれいに美しく、消印を押していったものです。

          あとで見せてもらうと、なるほどこれはパタにはまねできん…と舌を巻いたりしましたが。

          なんか…本当に親方日の丸な人事だったなあと…今更ながら思います。


           

          日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          なんとか
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            昨日あたりから急に寒くて、お布団をたくさん着て寝るようになったので外の音が届きにくいのか、今日は結構寝坊しました。

            両親は早朝から雨の中、地区の運動会に出かけてしまい、パタとこつぶちゃんだけが残されていたので、ゆっくりできましたが、家事を放棄されてしまったので、掃除洗濯に追われました…。

            お休みは自分のためだけに使ってみたい…こつぶちゃんを梳かすのだけだった一苦労です。

            まあ、寝坊して時間が押したからとか、ゲームばっかりやっているから時間が足りないとかはまさしく自業自得なのですが、それにしてもなんだか腑に落ちないというか。

            そんなことで、今日は自分の時間には、読書とドラクエを並行してやってました。一つ飽きると別のに手を付けるという、なんというか贅沢な時間の使い方でした。

             

            妖怪探偵・百目2〜廃墟を満たす禍〜 (光文社文庫)

            そんなことで読書報告。上田 夕里著「妖怪探偵・百目 2 廃墟を満たす禍」読みました。

             

            だいぶ前に1巻を読んで、おもしろい!と思ってお取り寄せした2巻です。1巻のときは、こんなにガッツリした本じゃなかったような印象もあったけど…今回は、主人公たる相良君の出番は少なく、妖怪探偵百目を取り巻く人間たちの過去に焦点が当たったお話でした。

            多分この巻を経て、拝み屋播磨遼太郎の人気はうなぎのぼりじゃないかな…いい男じゃないか。

            1巻では、いい意味で妖怪のいやらしさを発揮していたはずの百目が普通に良い女に見えて、その辺ちょっと…と思わなくもないけど、結構過酷な過去を送ってきたことも垣間見え、それでこのスタンスなのね…と納得も致しました。

            そして、人間と妖怪、共通の大敵である濁という存在も出てきて、お話は盛り上がってまいりました!というところです。

            3巻で完結しています。楽しみに読むことにします。

            日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            ランチ
            0

              IMG_0301.jpg

              今日は懐かしいお友達と楽しいランチに行ってきました!

              写真は前菜の鰹のカルパッチョ。鰹…というのも珍しいけど、お味もいろんなお野菜の香りがして、ちょっと新しい感じのものでした。

              お昼のコース、お手頃お値段の方を選んだのですが、前菜の他にメインとコーヒーとデザートになるのですが、どれもボリュームたっぷりでくじけそうになりました…いや、とってもおいしいので、ふうふう言いながらも平らげたのですが。

              特にお友達の頼んだ豚ローストは、小ぶりなとんかつを作るぐらいのお肉が3枚も載っていて、しかも周りにお野菜もものすごくぐるっと乗っていて、いやこれ、シェアして食べるやつでしょ…と思いました…。

              お店に入るとき、行列をしていてちょっとびっくりしたのですが、納得のボリュームとお味でした。リピしたいけど、ちょっと親は連れて行かれそうもありません…。

               

              懐かしいお友達というのは、高校時代に知り合ったお友達なのでもうずいぶん長い付き合いになります。

              パタは超出不精だし、人付き合いもいい方ではないのに、いつまでも仲良くしてもらってありがたいです。

              それにしても子供のころからのお友達だと、気心が知れているというのか、会うと即座に若かりし頃に戻った感じで、会話も弾むしお互いの好みもよくわかっていて気が楽です。

              やっぱりいろいろ面倒くさがってないで、自ら接点を持たないとダメなんだよなあ…と、ちょっと反省いたしました。

              またぜひ遊びに行きたいです!

               

              日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              かわいいの…?
              0

                JUGEMテーマ:日々のくらし

                 

                最近パタは衝動買いが過ぎるので、ちょっと気をつけねばとは常々思っています…。

                今回は、その珍しい慎重さが役に立った一件。

                 

                先日、ネット上の宣伝で、かわいい観葉植物を見つけたのです。

                モニラリアと言いまして、多肉植物ということなのでサボテンの一種なのでしょうか。土からは木の幹のような茶色い物が生えており、そこから緑色の豆上のものが、そしてその豆の上部が割れて、うさ耳としか形容しようもないようなかわいらしい2本の枝というか葉というかが生えているのです。

                まるでウサギの群れが顔を出しているような。会社のデスクに観葉植物の小さな鉢でもおいて癒されたい…と思っていたところでもあり、かわいい…これ!と思わず飛びつきそうになりました。

                そこでパタとしては超珍しく、待てよ…と慎重になったのです。

                これ、この時点では超かわいいけど、成長するよなあ。そうしたらどうなるんだろう…と思ったわけですよ。

                で、検索してみました。今は本当に、デスクに座った手元でなんでも簡単に調べられていい時代ですなあ…。

                そして成長した姿を発見しました。

                するとそこには伸びきったうさ耳がうにょうにょと…中にはかわいらしく結んだりして工夫をしている人もいるようでしたが。

                はっきり言ってキモい! かといって、ここまで成長したものをキモいからと言って簡単に捨ててしまうほどパタは情に薄くはありません…。

                なので、やっぱりやめました…もしも観葉植物を買うのなら、実際に見て、育ち具合が予想できるものを買った方がよさそうです…。

                せっかくハートにビビッと来るものをw見つけたのに、残念なことでした…。

                 

                余談ですが、実際観葉植物の手のひらに乗るような鉢を買おうかとしたこともあったのです。

                でも、会社のデスクに置いておくと、数日のブランクがある日が必ずあり、その間に枯らしそうな気もするのです…夏場の3連休なんて、植物には辛いっすよね…。

                なのであきらめている所…やっぱりそういうのは、我が家でやるべきだなあとは思います…。

                日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                乾燥しているらしい
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  今日は有給を取って腰痛の病院に行ってきました。来月半ばに3度目のブロック注射です。

                  ここの所また神経痛が出てきているので、ブロックするのは仕方ないと思うけど、あの注射ってやっぱりちょっと怖い。神経まで針を刺して、そこで熱を加えるとかで、針をしばらく固定するのがたまらなく痛いというか、不愉快というか…。

                  まあ、それで結構長いこともつのだから、やっぱりやった方がいいのだろうとは思います。気は進まないが。

                   

                  その後繁華街に出て、百貨店に行きました。

                  愛用しているクリームタイプのファンデーションが少なくなってきたので買い足しです。前回は1月に買ったとか。お安い買い物じゃないけど、それだけもてば十分じゃないでしょうか。

                  平日なのでお客さんも比較的少なく、お姉さんがお肌のチェック…と言うので、面白半分にやってもらいました。ずいぶん前にやってもらった時には、お姉さんもびっくりするほどいいデータが出たのですが、その時は季節に合わない服装で汗だくだったので、お肌も結構潤っていたと見えますw 今日は多少乾燥気味、とのことでした。まあ…最近お風呂上りについすっぴんのまま遊んでしまうので、そりゃ肌も髪も乾燥するよね…という世界。怠惰はどんな時でも敵です。

                   

                  その後、母が欲しがっていた傘を買い、自分用に面白がってマニキュアシールを買い、食品売り場に行って頼まれていたサラダを買った後、お昼抜きだったのでひもじくなって今川焼を買いました。焼き立てであったかかったので、急いで帰宅して食べました。ホカホカ…と言うほどではなかったけど、まだあったかくて、お豆の味がしておいしかったです。

                  ケーキもいいけど、時々こういう素朴なお菓子が無性に恋しくなるんですな…今日はお安いおやつで大満足でした。

                  日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  読書の秋!おすすめの「小説」なんかある?
                  0

                    読書の秋!おすすめの「小説」なんかある?

                     

                    話題がないので、少し前のお題を引っ張り出してきました。

                    パタは本は結構読むけど…ちょっと前ならメッチャ読むと言い切りましたが、最近ちっとも読めないので結構程度に収めておきます…もとい。

                    オススメと言われるとちょっと困っちゃう。最近かわいい表紙に騙されて、軽いタイプの本ばっかり読んでいるせいで、あんまり人様にオススメして恥ずかしくないような本は読んでないのです。

                    でもまあ聞かれたら答えねばなるまい。パタがおすすめするにはちょっと幼いかもしれないけど、日向夏さんの「薬屋のひとりごと」が楽しいです。

                    古代中華風の時代設定で、お城の中で下っ端の次女として働く猫々のお話です。

                    この子、女の子成分がかなり少ないのだけど、冷静沈着な性格と豊かな薬草知識で、お城の中のもめ事を次々解決し、望まないながらどんどん出世していく子です。痛快ですよ。

                    一応6巻で完結はしているようですが、パタはまだ3巻で止まっているので、この先を楽しみにちびちび読むことにします。

                     

                    さて、明日は有給を取ってまたしても通院です。先日行ったときに、いつもの女医さんがいなかったからこんな二度手間に…。

                    月に一度取れるか取れないかの有給は、自分一人の楽しみに使いたい。

                    というか、有給を取るのにものすごく周りの人に気を使うようになってしまいました。お仕事の配分がおかしすぎる。

                    パタは絶対そんなに稼いでないー!と声を大にしてみたり。
                     

                    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    サルエル
                    0

                      JUGEMテーマ:日々のくらし

                       

                      うちの会社は今まで制服だったので気が付きませんでしたが、さすがアパレルだけあってみんなおしゃれらしく、私服になったらロングスカート率が80パーセントぐらいになってしまいました。

                      今大流行のロング丈のボトム。スカートにしろワイドパンツにしろ、みんなくるぶしほどのものを履いているのです。

                      で、いくらパタがおしゃれに無頓着だと言ってもさすがに去年やおととし、さらにその前に流行のものばかり履いているのは気恥ずかしくなりまして。

                      ネットで見つけたサルエルパンツを買ってみたのです。

                       

                      ちょっとデザインの変わった奴で、ロングスカートに見える代物。

                      実際履いてみると、ロングスカートというか、巻きスカートが割れている状態で、足首は一応止めてあるけど脇が締まってないので、ヘタに足を組んだりすると内腿がガバァ見えちゃうやつです。ヘタすると階段の上り下りもちょっと怖いかもしれない。パタは駅の階段などで風が吹くと、前はともかく後ろどうなってるだろう…とひやひやしました。

                      まあ…はやりものということで、適当に履けばいいのですが、どうもなんというか、率直に言って気に入らないのです…。

                      お値段は、ネットで買ったにしてはそこそこしましたが、なんか安っぽい。たぶんパタの身長とそのパンツの丈があってないというのもあるでしょうが。

                      困ったことに、パタは長いことプレタポルテのアパレルに勤めているせいか、収入に見合わず目だけが肥えてしまい、廉価なお洋服だとすぐにちょっと…と贅沢なことを思ってしまうのです。

                      今はやりのお手頃なお値段が売りのブランドなんて、どれを見ても買う気がしなくて…でもパタの懐具合で言ったら、間違いなくその程度のお洋服がお似合いなはずなのです。

                      今回買ったやつも、この程度でいいんじゃないかなあ…と思いながらも、でも会社バーゲンならこれだけお値段出したらもっといいものが買えたはず…とか思ってしまい、どうにも納得ができないのです。

                      まあ…買ったんだから、あと数回は履きますが、そのあとどうなるか…おうち用にすぐ格下げかなあ。

                      身分不相応な審美眼は身を滅ぼすかもしれない…と、今日はこんなお話。

                      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search