我慢の限度
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    まずは。

    今日はオリンピック男子フィギュアで大興奮しました。羽生君も宇野君も素晴らしかった! よく頑張りました! ありがとう!

    宇野君が最後の演技で得点が出たとたんに日本が金銀独占だと知って思わずじたばたしちゃいましたよ。年甲斐もなくw

    宇野君は羽生君が素晴らしすぎてちょっとかすんだ感もあったけど、演技自体は素晴らしかったし、まだ若いから次のオリンピックでは金! 間違いない!

    しかし羽生君…彼はぜんそくがあるということで、そのせいか演技が終わると青白い顔になってしまうのが心配です。他の選手はみんな真っ赤になるのに。でももしかしてそれも、羽生君の美しさの一つになっているのかもしれないと思うと、何とも微妙な心持になります。

    まあとにかく今日のところは、懐かしい小泉元首相の名言「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!」とまるままパクりたい気持ちでいっぱいです。感動をありがとう!

     

    ふう。

    さて、いったんクールダウンしてw

    今日は歯医者に行ってきました。

    6か月ごとの検診です。

     

    パタは糸ようじもしばしば使うのですが、主に前歯のみ使ってます。奥歯は届きにくいし、一度無理やり歯の間にこじ入れた糸が抜けなくなってしまい、無理やり抜いたら一緒にシパーン!と小気味いい音と思にかぶせてあった金属がすっ飛んだ思い出があって、以来奥歯は敬遠気味なのですが、そこを突っ込まれてしまいました。

    歯科助手さん曰く、ブラシはちゃんとできているけど、歯間ブラシをもっとしろ!とのことでした。

    それで、いつもの検診のようにクリーニングをしてくれたのですが、それがまた…かなり痛かったのです。

    いつも思うのだけど、歯医者さんって痛ければ言ってくださいって気楽に言うけど、口をあけっぱでどうやって言うんだろう…。

    今日も痛いなあ…と思いながら我慢してやってもらっていたら、うがいのときに水が赤く染まってびっくりしました…相当出血したみたい。

    母にその話をしたら、痛かったらとっとと言え!というのですが。

    痛い前提の処置をするときに、どこまで我慢すればいいのか、パタにとっては永遠の課題なのです。

    あまりに簡単に音を上げて、こらえ性のないやつ…と思われるのはどうにも業腹。でも、訴えていいところを訴え損ねている…と思うのもなんかイラッとします。

    まあ結局、いつになっても最後まで我慢しちゃうと思うんだけど。パタの習性はそんなもんです。

    もうちょっと柔軟に生きたいと思いつつ、見栄の方がどうしても勝っちゃうのでした。

    病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    間違えちゃった
    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

       

      先日のお題、煮干し料理があまりにも面白かったので、皆さんの投稿を見に行ったのですが、皆さん煮干し料理という耳慣れない言葉に疑問を浮かべていらしたようでちょっとホッとしました。

      でもパタは己の間違いに気が付いてしまいました。煮干しって、だしに使うあのカタクチイワシだったね…パタが上げてしまったのは単に目刺しだったネ…。

      いやあ、料理っていうからてっきり単体で食べられるものと思い込んでしまってあんな返しになってしまいましたが、よく考えるまでもなく、煮干しと目刺しはだいぶ違う…。

      ううん、我が家には煮干しはないからなあ…うちでおだしというと、鰹節と昆布オンリーです。近頃は花かつおすら使わず、出来合いのおだしのパックと顆粒のだしに頼っているようです。まあお手軽でおいしいからそれでいいの。

      煮干しを使わないというのは母の味覚なのですが、パタも生まれた時から煮干しを使わない料理しか食べたことがないので、ごくまれに頂き物のおでんに煮干しが浮いていたりすると、なんだこれ…生臭い…とか思っちゃいます。

      人の味覚ってあとから培われるものなんだね。ラーメンなんかでも煮干し系のだしのラーメンは一度食べたらもう一度挑戦する気にならなんだ。

      これも一種の習慣とは思うけど、それこそ習慣って恐ろしい…と思ってしまうひと時。

       

      ところで、オリンピックもたけなわですが、今日は会社でもフィギュアで大興奮でした。みんなこそこそネットやスマホで中継を見ていたようです。パタと年の近いMちゃんは、羽生君のファンじゃないと言いつつ泣きそうになってましたw

      パタもあとで通しで見て、あまりの完成度に泣きそうになりました。よく頑張ったね! このまま一気に行こう!

      そして、なぜか人事部のFちゃんが、羽生君のことをハブクン…と言うので、みんなでそれは将棋!と突っ込んだとかw

      考えてみると同じ漢字なんだ。いずれ天才ということでどっちにも頑張ってほしい…とかまとめてみたりしてw

       

      日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      暖かい
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        昨夜遅く、春一番が吹いたのでしょうか。今日はなんだか暖かい一日でした。

        暖かいと言っても例年の普通の寒さと同じと思います。なんだか寒いのにも慣れるらしく、今日は楽だ…と感じてしまいますが、年単位で見れば決してそんなに暖かくもないような。

        会社に行くまでに通りかかる遊歩道に水路があるのですが、それが今年はずっと凍っていたのです。最初にその氷を見た時にはさすがにヒィ〜と思いましたが、毎日見ていると、あ、また今日も凍っているのね…ぐらいの感想しか持たなくなっちゃいます。

        近年は温暖化の影響か、暖冬が多かったので、水路が凍るのは一冬に一度か二度ぐらいだったのに、今年の寒さがよくわかります。

        余談ですが、春一番にはいろいろ条件があるのは知っていましたが、そのうちの一つに東京で吹く、というのがあるらしいです。同じ条件で神奈川や千葉で吹いても春一番にはならないそうな。

        なんかとっても不公平な気がします…もとい。

        今日は暖かかったので、お洋服はちょっと意識していきました。

         

        いつものダウンとマフラーを脱いで、ウールのコートとスカーフ、中身も薄手のシャツとスカートにしました。

        でもスカートだけでは足下を冷やしてしまい、神経痛が出るのが嫌だったので、厚めのタイツを履いて行ったら、相性が悪かったらしく、朝から晩まで静電気に付きまとわれて悩まされました…。

        会社ではお昼過ぎから灼熱になるのがわかっているので、今日は暖かい!と言われてその上セーターを着るには勇気がいります。案の定今日はババシャツがうっとうしく感じる暑さでした。

        熱いとは言っても外は寒いのだから、ちょっと外に出るとあっという間に冷えてしまい、いかにも体に悪い気がします。

        会社の環境が悪すぎる…このところ、うちの会社でもいろいろ取りざたされてますが、働き方改革なるものが盛んで、制度もいろいろ変わるようです。

        まあ、非正規雇用のパタにはあんまり関係ないようで、そんなことを改革するんなら、まず部屋の温度を改革してくれい…とやさぐれちゃいます。

        このまま夏になったらいったいどうなるんだろうかと、今からそら恐ろしい感じがいたしますよ。

        健やかに過ごせる環境プリーズです…。

        日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        エライことに
        0

          JUGEMテーマ:病気

           

          去年の暮れごろからでしょうか。ちょっと早歩きをすると、胸が締め付けられるように痛くなるようになりました。

          まあこういうのは初めてではなく、古くは美木良介さんのロングブレスダイエットが流行っていたころ、これならパタにもできそうだとDVDを取り寄せてやってみたのですが、その中でロングブレスしながらウォーキングするというのがあって、それをやっていたら胸が痛くなるようになりました…。

          ロングブレスも効く人とそうでない人がいるらしく、そうでない人は心臓に負担がかかるというので、今はそのDVDもすっかり埃をかぶってます。

          その時はロングブレスをやめたらすぐ痛みも治まったのですが、今回は結構頻繁に痛くなってしまい、治る様子を見せないので恐る恐る病院に申告してみました。

          すると案の定エライことになってしまいました…。

           

          とりあえず24時間ホルタ―心電図を撮ることになりそうです。

          これはかなり前に一度やったことがあります。確かちゃんとおふろにも入ったけど、肌に貼りつけた電極が痒くて参った覚えがある。

          その時は不整脈で撮ってみたのだけど、確かに不整脈があるね〜ぐらいで終わってしまいました。

          今回は看護士さんに寄ると、虚血性なんとか…かもしれないとのことです。

          欧米ではかなりの人数がこの病気で亡くなるそうな。最近亡くなった野村沙知代さんもこの病気だそうで、もしもそんな病名がついたらそれこそエライことになりそうです。

          ううん…何とも面倒なことに。

          それでも一番恐ろしいのは、こんなふうに騒いでいろんな検査をして、結局何ともない…と言う診断の下ることです。

          いつもそれなりに我慢をして、どうもおかしい…と思いだしてしばらくしてから申告するのだけど、その割に大したことがないとものすごくこらえ性のないわがままなやつだと思われているような気がしてしかたがありません。

          …実際思っていたやつもいたろうなあ…という実感もあったりして。

          まあ…突然死はやっぱり避けたいので、検査もちゃんと受けることにします。

          最小限の面倒くささで終わりますように…。

          人工透析 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          好きな「煮干し料理」なに?
          0

            好きな「煮干し料理」なに?

             

            昨日もお題を使ったけど、今日のお題が奇抜すぎるので思わず使ってしまいました。

            煮干し料理って何? 煮干しってイワシのめざしとかシシャモぐらいでしょ。焼く以外にどんな食べ方があるの? むしろそっちが聞きたいです…。

            うちはシシャモならよく食べますが、網焼きにしてお醤油と七味をかけるぐらいです。とても料理と言えるものじゃない。

            いや、マジで知りたいです、煮干し料理…。

             

            ところで今日の晩御飯はカレーでした。

            食べているうちに、カレーに見当たらないものが出てきました。四角く切った大根です。

            実は先日鍋いっぱい煮込んだポトフ、意外と順調に消化されてる…と思いましたが、カレーにリメークしよう! と言ったのを母が覚えていたようです。

            パタのカレーには大根しか入ってなかったけど、きっとごぼうやセロリが入ったところもあったに違いない。まあだしが効いていておいしかったです。

            以前、おでんをシチューにリメークするという話を聞きましたが、カレーの方が元の料理の味がわからなくていいかもしれませんw

            面白かったので、また何か作ってみようと思います。

             


             

            日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            ガッツリたべたい!肉料理なにが好き?
            0

              ガッツリたべたい!肉料理なにが好き?

               

              お肉は好きだけど、最近あんまりガッツリとはいかなくなってきております。やっぱり年なのかなあ。

              会社の若い子たちは、定期的に肉が食べたい!と叫び、部長をそそのかしておごらせますが、ついて行くパタには結構きついメニューだったりします…うん、もともとそんなにお肉ばっかり食べたい方じゃなかったかもしれない。お肉を食べたら同じぐらい野菜を食べないと落ち着かないです。我が家は主に野菜で生活している家庭なので余計かもです。

              でもまあお題なので答えると…何が好きかなあ…牛よりは豚の方が好きなので、生姜焼きとかおいしいなあ。トンカツなんかも好きかなあ。

              トンカツは、むやみやたらに分厚いやつより、適当に薄いやつの方がおいしい…と思うのはパタが貧乏舌だからでしょうか。薄めのカツはカリッとしていておいしいと思うんだ。

              あとはやっぱりすき焼きかなあ。これも肉よりは主に野菜に手が伸びますが。

              もしかして、あんまりおいしいお肉にありついてないからこういう貧乏舌をさらすことになっているのかもしれないけど。お高いステーキは本当においしいらしい…うん、この間部長にごちそうしてもらったステーキは確かにおいしかったよ。

              でも家庭じゃあのランクのものはなかなか食べられないじゃないの…。

              まあパタだけだったら豚の切り落としで十分です。それとピーマンでもお醤油で炒めてゴマでも振って、ご飯のお供にすれば幸せに食べられます。

              貧乏舌もそう悪いことじゃないかもしれない…といいわけしたりして。

               


               

              日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              ポトフ
              0

                JUGEMテーマ:今日のこと

                 

                先日、日参しているブログで紹介されていた「たかシェフのおうちごはん」というムック本を購入しました。

                …今ムック本の意味が気になってウィキで調べてきたのだけど、要するに本屋さんの仕分け事情のことのようです…雑誌と書籍を合わせた性格を持つ刊行物だそうで…別に単に本じゃいかんのか…とか、理屈っぽいオバサンは思ってみたり。

                もとい。

                人気ブロガーの書籍で、たかシェフというのはブロガーの旦那さんで実際シェフの方らしいです。

                その方がおうちで作るおいしいごはんのレシピをまとめた1冊ということでした。

                 

                新しい本を買えば人並みに作ってみたくなるのが人情じゃないでしょうか。

                しかし、プロのシェフのお料理は、なんか器具からして違う…パタはシノワなんて生まれて初めて聞きましたよ。

                とりあえずやっぱりミキサーぐらい買うべきか…とか思いましたが、とにかくそんなパタんちでも簡単にできそうなお料理、コンソメを使わないポトフというのを作ってみることにしました。

                 

                いやあ、しかし、最初に後悔したのは食材の多さ。さすがプロは用意するのはものからして違う。肉類だけでも牛すね肉とベーコンと手羽元という3種類。お野菜はそれこそ沢山です。

                買い物に行くと言ったら例によって母が付いてきたのですが、それが大正解でした。パタ一人だったら重くて持ち歩けなかったかもしれない…。

                昨日はお買い物だけで一日が終わってしまい、今日は昼ごろからコトコト煮始めました。

                最初に野菜くずと一緒に牛と鳥を煮てあく抜きをし、それから硬い、香りの強い野菜から順にどんどん煮て行って、塩を足すだけ…と言うお料理で、難しいところはこれっぽっちもありませんでした。

                野菜だけでもだしが出るんだなあ…と言うことを知りましたよ。

                しかし、なんですな。たかシェフの言うとおりの量のお塩は何とも我が家標準には足りず、結局倍ぐらいは足しまして、それでもなんとなく物足りない出来上がりになりました。

                食べながら、何とも納得いかなくて首をかしげましたが、考えるにパタ、ポトフの正解なんて知らないわ…。そりゃおいしいんだかまずいんだかわかんないわけだよね。

                レシピ通りでアホほど残ってしまったポトフ…というか、野菜のスープ煮、もしかしたらカレー粉でも突っ込んでカレーにしたら美味しいかもしれない…と言う感じになってます。

                うん…明日試してみてもいいかもしんない。到底シェフの人には及ばないお料理になりましたとさ。

                日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                わんこ病院
                0

                  JUGEMテーマ:わんこ

                   

                  今朝は土曜日だけど一生懸命早起きしてお洗濯を済ませ、こつぶちゃんを病院に連れて行きました。

                  だいぶ良くなったとはいえ、まだ足を引きずるので念のためです。

                   

                  今回取れた予約が、定時の予約はいっぱいで、予約の診察が済んだ人の合間に見てもらう予約…と言うなんだかわけのわからない予約だったので、これはしこたま待たされるものと覚悟していろいろ持っていきました。

                  本当はパタ一人で行っても全然よかったんだけど、母がそれじゃ負傷したときの様子がわからんでしょ…!となんだかついてくるのに乗り気だったので、一緒についてきてもらいました。

                  まあこつぶちゃん重いし、パタは相変わらず足腰が悪いので、ついてきてもらうと正直助かります。かなり高齢の母の方が体力あるってなんなんだ。

                  まあとにかく、診察してレントゲンを撮ってもらって、異常なしとの診察を頂きました。まだ足を引きずっているのでちょっと心配なのですが、骨に異常がないとなると、お医者さんのおっしゃる通りせいぜい痛み止めぐらいしか処方のしようもないでしょうし、とりあえず様子見です。

                  そして案の定先生には大粒ちゃんを指摘されちゃいました…この体格で5キロは重い!そうです。まあそうだよね…上から見ると、ダンゴ虫みたいになってるもんね…。

                  5月にワクチン接種があるので、その時までに4キロ台後半を目指しましょう!と言われてしまいました…人のダイエットだって大変なのに、食べることぐらいしか楽しみのないワンコにダイエットなんて酷な話ですわ。

                  とりあえず母にはあんまりお留守番ジャーキーをやるな!と言っておきました…。

                   

                  ところで、今回の診察で思い知ったことと言ったらやっぱり母の老い、でしょうかね…。

                  先生が聞いたことに対して、かつてはどんどん話が広がって行ってしまい、収拾がつかなくなっていったのに、今日は最初からかなり遠隔な枝葉の話しかしなくなっていて、どうやら先生のおっしゃることがうまくつかめなくなっているんじゃないかと思ってしまいました。

                  まあ…パタだってこんなに老けたんだから、母だって老けるよね…最近父も加齢臭がひどくなってきたし、いよいよ我が家も老老介護一直線ですわ。恐ろしい。

                  そんなところに足腰の悪いパタとこつぶちゃん、なんだか最初から負け戦の空気満載です。

                  妹や甥っ子に頑張ってもらわねばならん日が来るのだろうか。なるべくパタが頑張るけど、何とも保証のできない感じです。

                  こつぶちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  開幕
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    いよいよ今日から平昌オリンピック開幕ですね。

                    パタはヤフーの偏った海外記事のコメント欄ばっかり見るあまり、かの国が少々苦手になってきておりますが、それでもお祭り騒ぎは和やかに行われているようで何よりです。

                    一応人並みに、大きなイベントがあるときには話題にも乗っかるパタですが、実は今まで腰を落ち着けて開幕セレモニーを見たことがないのです。テレビ自体が苦手だし、オリンピックともなると、海外の都合に合わせた放映時間がパタの生活に合わなかったりして、あとでニュースで選り抜き版だけ見ればいいや…的な感じで過ごしてきました。

                    でも今日は、透析の時間ばっちりだったので、思わず熱心に見てしまいました。

                     

                    あんな寒いところで夜の8時から開幕というのは、ちょっと観客にも演者にもひどいんじゃ…と思いますが、夜の開会式はいろんな演出ができていいのかもしれません。まあ、花火をやらせたら絶対日本の方が上だと思うし、実際あの花火、五輪を作ろうとして失敗してるんじゃないかな…と思うところもありましたが、前評判ほどにはしょぼくなく、なかなか素敵な開会式だったと思います。…まあパタは、最初の団体の踊りのところでめっちゃ寝ちゃったけど…。

                    一つ発見したのは、どうやら韓国の人はチマチョゴリを男性も着るらしい…と言うこと。旗を持ったおじさんたちも同じようにひらひら広がったスカートを履いていて、ああ…とか思いました。

                    トンガの選手でしたっけ。マイナス7度とかのところで上半身裸で、しかもオイルてっかてかに塗っちゃって、ものすごく寒かったんじゃないだろうか。アナウンサーも言っていたけど、その後の競技に支障が出ないか心配です。

                    あとは、選手入場のときに、国名のパネルを持って歩いていてお姉さんたちの衣装がかわいかった。選りすぐられた人たちなのでしょうが、すらりとした足に歩き方も大変きれいで美しかったです。

                    うちの母は、日本の選手団が半分ぐらいしか写されなかった。扱いがずさんだ…と怒っていましたが、人数の如何にかかわらず、放映時間は一定なんだろうから、人数の多いところはどこもそんな感じなんじゃないかと思いますが、いかがでしょ。

                    本音を言うと、とにかく室内のバドミントンでも神風が吹いちゃうお国柄だから、憎い敵国の日本の選手たちなんて、よっぽど目で勝敗がわかるスピードスケートぐらいしかまともな判定をしてもらえないんじゃないかと危惧しておりますが、そんな程度の低いのはどうかパタだけであってほしいところです。

                    とにかく、どちら様にも頑張ってほしいです。

                     

                    ところで…寒い寒い開幕式で気の毒…と思いましたが、2年後行われる東京オリンピックも8月にやるというし、どっちかというと対処のしようのない暑い暑い開幕式の方が最低なんじゃないでしょうか…。

                    あれはひどかった…などと後世の人に言われないことを祈っておりますよ。

                     

                    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    大変なんです
                    0

                      JUGEMテーマ:わんこ

                       

                      どうやら先日、愛犬こつぶちゃんは我が家の急な階段から転げ落ちたらしく。

                      いまだにびっこをひいているし、今日はだいぶ良くなったものの、昨日まではどろんとした表情でご飯もねだりに来ないし、絶不調だったのです。

                      両親はなんだか忙しいらしく、ちっともこつぶちゃんを病院に連れて行ってくれないので、仕方なくパタが土曜日に受診の予約を入れました。

                      こつぶちゃんが通っているのは、我が家から一番近い獣医さんなのですが、24時間診療でかなり有名らしく、予約を取るのもなかなか難しいところなのです。今朝も一番で電話をしたのに、すでに予約はいっぱいで、予約の合間に診察をする予約…と言う、なんかわけのわからない予約を取らされました。

                      土曜日朝早いのは面倒だけど、そんな予約ではどれだけ待たされるかわからないので、一番早い時間の予約にせざるを得ませんでした…。

                       

                      会社でまだあまり人が来ていなかったので、自分の席で堂々と電話を入れたのですが、途中から聞いていたお向かいの席のMちゃんが心配そうに、階段から落ちたの…?と聞いてくるので、うん、犬が…と言ったらなんか生暖かく笑われちゃいました。

                      その後、でもわんちゃんもいろいろ大変だよねえ…と言うので、うん、大変だよ〜パタなんかペット保険に入ってるもん、と言ったら爆笑されましたw

                      さらに突っ込んで聞いてくるので、前飼っていた若は、かなり気性が荒かったから、傷害保険も入ってた…と言うと今度はあきれられちゃいました。

                      でも、フレンドリーな小型犬が大型犬に不用意に近づいて行ってガブッとやられて治療費に数百万かかった…などという話も聞くし、やっぱりペットと言えども医療保険、傷害保険、必要なのです。

                      こつぶちゃんはその点、犬にも人にも超フレンドリーなので傷害保険の心配はしていませんが、若より数段体が弱く、これからも医療保険にはまめにお世話にはなりそうです。

                      まあ、人の子を育てることを思えば全然大した負担じゃないのかもしれないけど、犬の母もそれなりにいろいろ大変なんだよな…と言うことで。

                      まあわんこって永遠の3歳児なので、お金をかける分たわわな愛情が戻って来ることは間違いなしなので、その辺で癒されることにします。

                       

                      こつぶちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search