なんとかなるんか
0

    JUGEMテーマ:仕事のこと

     

    なんか…会社が新体制になってから、毎月このぐらいの時期になると、パタは仕事を本当に終えられるのだろうか…とドキドキします。

    今週まるっと休んでくれちゃった後輩ちゃんが、やっと出てきてくれますが、この1週間で予定が大きくずれ込みました…来週頭にはすぐと大きな仕事が舞い込むことがわかっているので、パタは一体どう時間を都合すればいいのか、とてもハラハラしています…。

    みんな忙しいんだから、あんまり愚痴ってはいけないと思うけど、どうもパタよりよっぽど稼いでいる人の方が仕事が少ない気がする…以前かわいいSちゃんが愚痴ってきたときやっとハタと思い当ったけど、そういや総合職の人の方が暇みたい…なんでだろう。

    でも、パタもこの間無理を言って、仕事で使う文房具をリニューアルして店舗に配ってくれるようお願いしたのが通ったおかげで、一つ手順が短縮されました。かなり時短になってます。ありがたいことです…。

     

    多分もうじき目標面接なる話し合いがあると思われます。

    課長がいなくなっちゃったので、多分部長がやらざるを得ないのだろうけど、部長も超忙しいので、なかなか時間が取れないみたい。以前みたいに一人頭1時間もかけてゆっくり話を聞いてくれることはないんじゃないかな。

    そういう面接のとき、パタはたいてい何にも言わずに世間話に終始しちゃうんだけど、みんなは結構あれが嫌だこれが嫌だというらしいです。

    課長がいなくなっちゃったのもそのせいだし、以前にも逆に部内の風向きについて聞かれちゃったりしたこともあります…。

    まあパタは大体自分のこと以外あんまり意識してないのか、部内の軋轢なんかわかんないんだけど…多分今度の面接で、かわいいSちゃんはいろいろ苦情を言うんだろうなあ…。

    ちょっとばかり期待したりして…w

     

    まあそんなことで、今月も綱渡りです…とそれだけを言いたかった。

    仕事が押しているからいろいろ齟齬も出ているけど、体裁だけは整っているのでなんとか勘弁してください…という世界。

    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    うーん…
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      回り持ちでやっている仕事が、月曜日ほどではないにしても今日もまためっさ多く、不公平感がぬぐえません…。

      こういう時、簡単に爆発できる若さってうらやましいと思うけど、パタみたいに古参もいいとこになると、簡単に弱音を吐けません…。

      うーん、マジで今月の仕事、パタ一人のノルマちゃんと終わるんだろうか。今月はちょっと余裕がある…なんて思っていたのが嘘みたいです…。

       

      とはいえ、仕事量の差があまりにも歴然としているので、部長も一緒に働いている子も、なんとなくびくびくしている様子が笑えます…。うん、パタそんなことで多分ブチ切れないから大丈夫だよ…。まあイラッとは来るけどね。

      あまりに忙しいので、仕事中に飴ちゃんをなめている時間も惜しく、それは返っていいかもしれない…とか、むなしいよかった探しをしています。多分来月になればまたケロッと忘れるとは思うけど、本当に来週末まで予定が全く立たなくて、また別の方の仕事で若い子に気を使わせちゃうかもしれません。

      そして足が痛い…。

      上半身は暑いのに、下半身というか、足元が妙に冷えて、座っているとどんどん神経痛がひどくなります…。

      パンツはそうでもないんだけど、スカートがほとんど全部きついから、パンツばっかり履いて行っちゃうから正座ができないんだよね。正座は足をあっためる意味でも、腰を伸ばす意味でも結構有効です。

      明日は頑張ってスカート履いて行こう…というか、ついにAmazonでレディースのびるというアジャスター買っちゃった。これでせこくウエストを数センチ伸長しようともくろんでおります。

       

      ウエストと言えば、先日昔のワンピースでも着て行こうかね…と出したら、アンダーバストのあたりが入らなくてびっくりした。

      年齢とともに肋骨って広がるらしいです。まあ確かに当時よりは太ってるけどさほどでもなく、姿勢の悪さとかが原因になっているそうな。

      本当に、年齢で体型も変わるんだねえ…。

      シックなワンピースだったので、母が着る!と張り切りましたが、母はもっと入らなかった。やーいw

      仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      山ほどの仕事…
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        連休を取ったことだし、今日は結構張り切って出社しましたが、分担している仕事のあまりの多さにやる気が萎えました…。

        なんかもう、交代でやっている仕事、月曜日が多いのは理屈でわかるのですが、解せないのは不定期に来る子が月曜日ばっかり休むことです…。

        月曜日が仕事量が多いのを見こしてあらかじめ休んでいるんじゃないかと勘繰ってしまう…。

         

        それでもまあ愚痴を言っていても仕方がないので一生懸命働きましたが、結果的にパタの勤務時間まるっとそれのみに費やす結果になってしまいました…。

        うん、数分オーバーだった。そればっかり必死にやったおかげで、一つチェックしなきゃいけなかったことを忘れちゃいましたよ…。

        明日もまた、まず謝るところから始めないとならんようです。なんなんだ。

        そしてしかも、パタの純粋な仕事がまたしても押しているという。

        何度も言うけど! パタ絶対こんなに忙しいほどお給料もらってないし…。

         

        バチカン奇跡調査官  独房の探偵 (角川ホラー文庫)

        読書報告。藤木 稟著「バチカン奇跡調査官 独房の探偵」読みました。

         

        奇跡調査官シリーズもすでに11冊目ですか。まだまだ新刊が出るので、パタもできるだけついて行こうと思っています。

        今回は短編集。主人公の二人よりも、そのサイドを固める人たちを主としたお話の多い短編集でした。

        平賀の重病の弟は、どうにもスーパーナチュラルな感じで、死神を日々見ているようです。奇跡を調査しまくってる平賀の弟がそんなことでいいんだろうか。そして、弟の間近に怖くてきれいなあの人の影が見え隠れするのが何とも恐ろしい感じです。

        これが伏線となってまたお話が広がるのでしょうか。

        そして、天才ハッカーのローレンのお話。面白かったけどどうにも腑に落ちない感じがするのは、やっぱりいくら天才少年だって少年であるからには圧倒的に経験値が少ないわけで、そんな人がそんなふうに莫大な資産を持ってさまざまな人や会社を牛耳っているのってリアリティなさすぎ…とか思っちゃうので、ちょっとパタは遠くから冷やかに見てしまいました。フィクションの登場人物にそんなにむきになることないけどね。

        圧倒的に楽しかったのが魔女のスープ。レシピには荒唐無稽に思えることを平賀とロベルトが解き明かし、実現させ、最後にちょっぴり痛い目…でもないけど、まあ予想外のことになっちゃう様子がとても楽しかったです。

        こういうテンションでお話が進んでいくといいんだけど、どんどん暗い方向に走っていきそうで、ちょっと怖い…。

         

        仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        心残り
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          明日からパタは残しておいた二日の夏休みと、土日をくっつけて4連休です。

          部長にはもっと休めばいいのに…などと半笑いながら言われたりもしましたが、仕事がぎゅうぎゅうなので倫理的に無理です…。

          でも、今回のお休みではパタ的にありえないことをやっちまいました。

          お仕事を一緒に働くIちゃんに押し付けちゃったですよ…。

           

          パタは勤勉というよりは意地っ張りで、仕事を誰かに任せるのが嫌な人です。

          過去にも手術の必要があって数週間休むこともありましたが、ぎりぎりしか休まず、何とか自分のノルマは自分でこなしました。

          人事の子たちには、あと数日休めば見舞金が出るのに…と嘆かれ、家族にはそんなに無理して働くこともない!と憤慨され、でも結局は、会社の都合でなくてパタの好みであんまり休みたくないのです。

          パタは大体において腰の低い方ですが、さらに腰を低くしていろんな人にお願いしたり謝ったりして歩くのが嫌なのです…。

           

          なのに今回のお休みでは、割と大きめの振込作業が全然できず…というか、パタのところに回ってきたのがすでに今日パタの帰る時間の1時間前で、少々の残業をして必死に働きましたが、結局最初の段階までしかできませんでした。

          パタがいないことでそうでなくても仕事が増えてしまうのに、さらに押し付けるという…何とも申し訳ない事態になってしまいました。

          まあ…ここんとこ、休んでいい…?と最初にお伺いを立てた時からこんな事態は予想してはいたのですが、予想よりもはるかに作業が進まなかった。シマシマの表、とうちの部内では言っている表まで作っておきたかったんだけどもなあ…。

          しょうがないからせいぜいお土産をはずむことにしよう…。なんかおいしい物、売ってるといいけどな。

          そちら方面でもひやひやです…。

           

          ところで今日パタは、なんだかおなかの調子が悪いです。

          さらになんかのども不穏な感じ…実は明日、風邪で行けなくなったとか、本当にやめてほしいところです…。

          早めに寝ちゃおう…とは思いつつ…。

           

          仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          釈然としない…
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            先日、久しぶりに会社では少し余裕ができて、溜めこんでいたあれもこれもできる!と張り切っていたパタですが、実際には全然進んでません…。

            いや、パタはむしろ普段よりよっぽどせっせと働いているのですが…パタに振りかかる仕事の量が、尋常でないのです…。

            3人で割り振っている仕事をほぼ一手に引き受けている感じですよ…。

            一体なんなの…。

             

            今週は木曜日から残していた夏休みを取って旅行に行こうと計画しているので、今のところあんまり文句も言えないのですが。

            なんというか…3人のうち一人は不定期で、もう一人が病院の都合で結構しばしば突発休みを取るのです…。

            今日もそんなことで、彼女は午前中休みだったのでした。

            割り振っている仕事というのがぶっちゃけ社員に振り込む交通費清算などなのですが。

            今日のところは月明けの月曜日、ということで、いろいろため込んでいた皆さんが一気に放出してくれちゃったらしく。

            なんというかまあ…結構な数でした。これで午前中は完璧につぶれました。

            必死にそれを片付け、他の子も待っている仕事もあったのでそっちもやっていたので、全然予定していた分まで進まなかったという。

            しかも今日は郵便当番で、かつてないほど大量の郵便を捌く羽目になりました…いや、こっちはかなり手伝っていただいちゃったんだけども。

            メール室の人が、台車で運ぶ?と聞いてくれた時、冗談でしょう…と思いましたが、本当に台車が必要な重さでした…必死になって階段で行ったけどね…。

            もうほんと、何度も言うけど絶対パタこんなに忙しいほどお給料もらってないし…。

            多分学生のアルバイトの方が稼ぐんじゃないかという…。

             

            まあしょうがないので、休みに向けて滞っている仕事も何とかしたいところです。明日はパタは自分の仕事のみに専念できるはず!

            そうしたら旅行!と気もはやりますが。

            天気が不順で、何を用意していいか全然分からず、まだ何にも用意してないという。

            しかもなんだかばっちり雨みたい…ハイキングのコースなのに…。

            毎度旅行に行くと雨が降るってなんなのよ。悔しい気持ちでいっぱいです…。

            何とか晴れてくれないかなあ。一生懸命働くパタに免じて、頼みますよ、ほんと…。

            仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            送別会
            0

              JUGEMテーマ:日々のくらし

               

              昨夜は珍しく、ブログの更新をさぼってしまいました。

              送別会に出席したら、帰りが遅くなってしまったからです…。

               

              うちの部のメンバーは、大体みんなパタとは反対方向に住んでいて、たいていこういう飲み会があるとパタ一人で反対方向の電車で帰宅…となるのですが、昨夜は珍しく、パタの方が先に降りる電車の乗り合わせでした。

              ちょっと前まで帰りが遅くなりそうなときはこっそり会社からブログを書いたりしていましたが、最近忙しすぎてそんなことはできず、そういう場合には帰りの電車でスマホからポチポチ…ということもしていたのですが、一緒に乗っている人がいたのにそれもできず。帰宅して11時半なのを見た時にもうあきらめました…。

              いや、パタもいい年なので、そんなに頑張れない…そして、頑張るだけの意味もないような気もしますw

              まあとにかく、昨夜の飲み会は有名な焼鳥屋さんでした。

               

              何が有名かというと、味もそうなのでしょうが、某終身名誉監督がご愛顧のお店だということで。

              お店に入ると壁一面に、くだんの監督のポスターが貼られているし、グラスにも監督の背番号がばっちりプリントしてあったりして。

              あの球団の大ファンの人ならまさしく聖地なのでしょうが、パタたちはいまいちプロ野球には興味がなく、死んでるだの生きてるだのという不遜な会話に終始したりして。

              まあとにかく、焼き鳥はとってもおいしかったです。

              でも、本当に焼鳥屋さんで、野菜も少々なら白飯もなく、パタはとっても物足りなかった…白飯を食べないと、ご飯を食べた気がしないですわ。

              しょうがないので帰りにコンビニおにぎりを買って帰ったりして…夜中に間食ってよろしくないけど、おなかが空いちゃって。

              まあ…飲んでるみんなが満足していたからいいのかな…。

               

              そして、その送別会は二人分で、会社からの辞令で移動した人と、うちの若い子たちが暴挙に耐えかねて追い出した人の送別会だったのですが。

              …追い出した人は来なかった。まあ、来づらいよね…というか、来ても会話とか、困るよね…。

              最近は若い子もそういう直接的な手に出るし、会社側もそういう訴えをに無下に扱わないんだなあ…と、感じ入った次第。

              パタもお局だ〜なんて言ってないで、いろいろ注意しなきゃ、カモです…。

              楽しいはずの飲み会で、いろいろ考えさせられた集まりでした…。

               

              仕事 | comments(2) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              忙しい
              0

                JUGEMテーマ:仕事のこと

                 

                なんかさいきん愚痴ってばっかりですが、仕事が忙しくて回りません。

                今日もパタが3人で割り振っている仕事を一人でやる羽目になり、予定していたところまでとんでもなく進みませんでした。

                明日もう月の中日かと思うとどうしようかとハラハラします。だってすでにできていなくてはいけないところが一つもできていないんだもの。

                明日はどうやら、二人とも出社してくれるようなので、何とかパタは自分の仕事に打ち込めます。ほんと…こんな給料でやる量の仕事じゃないよなあ…とつくづく思います。

                せいぜい残業でも付けるべきなのかもしれないけど、それもな…。

                また今月末に綱渡りが待っているかと思うともう…そしてそれが来月も続きそうとなるとまったくもってどうにかしてよと言いたい感じです。

                …でも実は、部長が一番忙しいんだもんな…なまなかでは反抗的なことも口にできません…。

                 

                夏の子供 魚住くんシリーズ (5) (角川文庫)

                読書報告。榎田ユウリ著「魚住君シリーズ 5 夏の子供」読みました。

                 

                魚住君シリーズ5冊目にして最終巻です。

                いや…最初、この本を手に取った時には角川文庫だし、そういう本ではないと信じて買ったのに。事実、2巻目ぐらいまではほんのり香るぐらいだったBL臭が、4巻ぐらいからめっきり濃くなり、この巻は頻度こそ少ない物の濡れ場シーンもあったりして、あからさまなBLになってました。

                うん…まあ…嫌いじゃないけどもね。だけど角川文庫だからね…なんか釈然としないです。

                しかし多分、このシリーズにおいてはそういう方面にアンテナを張ってはいけなくて、魚住君の抱える孤独とか、それを暖かく包んでくれた周りの人たちの友情とかを論じねばいけない本だと思います。

                事実、あまりにも過酷な半生を送ってきた魚住君が、ゆとりある大人になったのを見て、普通に安心しました。これからもぜひ、二人だけと言わず、あのメンバーで仲良く過ごしてくだされ。

                そしてもっと流麗なイラストで魚住君を見たかった…そこだけが残念です…。

                仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                嬉しいような
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  そろそろ夏休みを取る人が出てきて部内が閑散としてます。

                  今日はパタの班の子が二人とも休みで、かつ部長まで出張でいなくて、パタはとっても働きましたよ。

                  どうしても明日までにやらなくてはいけない仕事に不備があり、部長がいなくては進まないかと一瞬焦りましたが、まじめなM係長が代わりにやってくれて本当に助かりました。あの時点で明日部長を待って…とかなったら、パタ本当にどうしようもないから…。

                  本当に安月給でこき使うなあ…という感じ。最近いきなり二人も抜けちゃったから、みんなぎゅうぎゅうなんですが、それにしても理不尽な。

                  今朝は雨が降っていたからまたしても父に送ってもらい、早くついて部内でポチポチ遊んでいたら、いつもはゆっくりくるSちゃんがやってきて…どうやら仕事が押していて早めに来たらしいです…いきなり愚痴られちゃいました。

                  いわく、お給料少ないのに忙しすぎる、総合職の人がもっと頑張んなきゃいけないんじゃないの…とのことで。

                  でも、そういうSちゃんだってパタよりよっぽど稼いでいるはずなので、パタ的には中途半端に笑うしかできないのでした。そういう愚痴を垂れてくれるというのは、パタのことを信頼してくれているからなのだと思いたいですが、パタのお給料知ったらSちゃん泣いちゃうんじゃないだろうかw

                  まあ…育休の子が帰ってくるまで何とか持ちこたえるべし…というところですか…。切ないなあ。

                   

                  ところで、今日はそのできる係長のMちゃんが、なんだかマックシェークをごちそうしてくれまして。

                  パタお局なのに、一緒になってごちそうになっていいんかね…と思いましたが、突っぱねるほど意地っ張りでもないので、おとなしくごちそうになっておきました。

                  でも、そういう予定外の水分って、本当はうれしいけどうれしくない…体重調整の敵です。

                  案の定、今日の体重は結構オーバー。明日せいぜい汗でもかくことにしますわ…。

                  ごちそうになっておいて本当に申し訳ないとは思うけど、なんかもうちょっと水分少なくて重量少な目のおやつにしといてくんないかな…などと思ったり。

                   

                  仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  私服
                  0

                    JUGEMテーマ:仕事のこと

                     

                    身ばれしないことを祈りつつ。

                    今日からうちの会社は徐々に制服廃止に移行していくそうです。

                    今日からしばらくの猶予期間ののちに、完全制服廃止になるそうで、今のところは私服を着ても制服を着ても構わない、ということになっているのです。

                    パタはしばらくどうしようか迷った末…制服廃止を見込んでいくつか新しいお洋服も買ったことだし…結局今日のところは制服を着ることにしました。

                    だって東京は結構な雨が降るっていうし、そんな中おニューの服なんて着て行けないって。

                    ところが、いざ会社に行ってみたら、制服続行の人はごく少数で、うちの部ではパタだけなのでした。

                    わかっちゃいたけどみんなオシャンティなんだから…。

                     

                    うちの会社は一応アパレルとはいえ、体質の古い会社で、結構うるさいことも言われるのです。

                    ドレスコードらしきものも発表され、それは思ったほど厳しくはなかったですが、多分サンダルとか露出の多い服とか、着て行くとたちまち誰かに文句を言われそうです。たぶん、総務部長のあたりとか。

                    どうせ私服にするなら思い切ったらいいのに…と、文句の多いお局は思うのでした。だってパタ入社したときの条件に制服貸与ってあったもん。いくら大昔の話とはいえ、約束をたがえたのはそっちじゃん。何が猶予期間よ。こっちが猶予してやってるんだっつーの。

                    …と、面と向かって言えたらどんなにいいことでしょうか。最近めっきり汗っかきのパタは、多分最低でも8月いっぱいは、会社に着いたら着替えて汗を取りたいので、制服で過ごすことでしょう。

                    …あ、8月末に送別会があるから、その日を私服デヴューにしよう。そうしよう。

                    回りの切り替えの早さにそわそわしつつ、できるだけ現状維持を貫こうと心に誓ったりして。

                     

                    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    頑張った
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      今日は7月の締めだったのですが、まだ終わらない仕事を抱えてどうしようかと結構マジに悩みましたが、何とか完遂できました…。

                      いやあ…忙しいっちゅーのに突然後輩ちゃんが仕事を教えてくれとか言ってくるし、かわいい子にカリカリした姿を見せたくない…と、そんなところでもパタは頑張りましたよ。難易度の低い割に超面倒くさくて手順が雑多な仕事、多分一度では覚えきらないと思うけど、さわりだけでも教えることができてよかった。パタ一人しか知らない仕事では、何かあった時にたちまちみんな困ってしまうんだから。

                      これで心置きなくパタは倒れられるというものです。いや、倒れる予定もないけどね。

                      でもパタんちは病弱なパタと後期高齢者の両親しかいないのだから、だれか一人でももし何かあったら、パタはたちまち勤めになんか行かれないのです。透析して仕事して家事もなんて無理すぎる。

                      その辺のこと、それとなく後輩ちゃんたちにも匂わせておかなくては。

                      ま、そんなことで、今日は頑張りました…というお話。

                      あとは取りこぼしがないことを祈るばかりです。

                       

                      憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

                      久しぶりに漫画報告。原作者のところにコナン・ドイルとあるがたぶん違うw 「憂国のモリアーティ」1巻読みました。

                       

                      書店で3巻まで平積みになってオススメしていたので買ってみたものですが、なかなか楽しかったです。

                      シャーロック・ホームズの生涯のライバルとしておなじみのモリアーティ教授の幼いころからのお話。ホームズのころにはそんなに貴族社会が蔓延していた感じもあんまりないんだけど…舞台がロンドンだからかな…とにかく、貴族の圧政によって苦しめられる民衆を救うためにモリアーティ教授が立ち上がる!的なお話ですが、とにかく手段がゲスい。

                      誰かがレビューで言っていましたが、とにかく気に入らないやつは全部殺しちゃう非情さです。まあ漫画だしね…これぐらいのダークヒーローは許されるんじゃないかとパタなんかは思うんですが。

                      それはそうと、モリアーティ教授の側から正義を見るというのはなかなか斬新ではありますが、ホームズと言えばシャーロッキアンなんて人の存在も多数確認されているのに、その敵役たるモリアーティをこんなに持ち上げてしまって大丈夫なんだろうか…と、ちょっと心配になったりして。

                      とにかく、悪いやつをバサバサやっつけるのは胸がすく思いがしましたが…結構神経質に漫画を読む人も多いんだなあとか思ったり。

                      続巻も楽しみに読みます!

                       

                      仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search