ブロック注射
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    腰痛からの神経痛が、まただいぶひどくなってきてしまったので、今日は有給を取って病院に行ってきました。

    多分4回目のブロック注射です。

     

    ブロック注射も、どういう加減か、素晴らしく効くときとそうでもない時があります。

    2回目のときは素晴らしく効いたんだけど、3回目はそうでもなかった。半年と少ししか持たなかったみたいです。

    回数を重ねると手順がわかり、慣れて余裕になるかというとそうでもなく、今日パタは緊張のせいか、血圧180に迫る記録をたたき出しました。高!

    そして今日はなんというか、若い先生の実験台にされちゃった気がします…。

    最初の麻酔をしてからはだいぶ感覚が鈍になるのだけど、それでも針で体の中をひっかきまわされているのがわかりました。

    何時もよりだいぶ長い時間をかけて何とか響くところを見つけ出してもらい、そこからさらに麻酔注入してから薬剤と、多分熱処理。

    うん…いつもながらだいぶ痛かったです。

    今日のところは、神経痛はあまり感じないけど、下半身全体がだるーい感じ…いや、そりゃやっぱり、針とはいえ、体の中を探られたら調子悪くなるよね…。

    そんなことで今日は少しでも早く寝るつもりではあります…。

    なんか最近、夏の恒例とはいえ、またちっとも夜熟睡できなくなっちゃって、困っているところであります。

    健やかにゆっくり寝て、少しでも体力の回復を図りたいところです。

    そんなことで短いですがこの辺で!

    病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    有給消化
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      今日は有給を取って大学病院に行ってきました。

      3か月に1回の検診です。

      パタ本当におんぼろで、腎臓や背骨、目玉以外にも悪いところがたくさんあるのです…その進捗具合を確かめるために、3か月ごとの通院を課されていまして。これがなかなか面倒なのですが、しょうがないので有給潰して行ってます。

       

      今日はエコーの検査もありました。

      エコーねえ…待たされるのもなんだけど、たいてい途中で寝ちゃうんだよね…いいんだろうか、そんなんで。

      息をしてくれとかなんとか結構言われるのに、途中からこの人無反応になってる…とか思われてるんじゃなかろうか。

      息と言えば、肺炎をやったからでしょうか、なんか大きく息を吸ってとか言われても、なかなか困難になっていることに気が付きました。こんなところにまで影響があるなんて。

       

      そして、その診察の待ち時間の合間に、いつものペインに飛び入りで行かせてもらって、ブロック注射の予約だけしてきました。

      先生は、今日する〜?なんて気楽におっしゃいましたが、するんだったら杖を持ってこないといけないんだし、心の準備もできてない。

      先生には、受診の方が何時に終わるかわかんない…と言って、とりあえず予約だけにとどめましたが、本当は今日できたらそれが一番よかったです。だって足、痛いんだもの。

      自宅では、椅子の上でも胡坐をかいたりしていて、それが一番楽な姿勢なんだけど、さすがに会社で胡坐はかけないでしょう…。

      いくら最古参のお局と言ったところで…ねえ。

       

      そして繁華街に出ていろいろ買い物をしてきました。飴ちゃんはともかく、下着を買いに行ってダルダルの体を見られ、いきなり奥さん!とか言われたとか…体に年齢が出ていたと見える…。

      まあ、そういう年なんだろうけど、結婚もしてないパタには心構えができてないのでした…。

      明日はそのかわいい下着をつけて、内側だけルンルンで会社に行こうと思います!

       

      つれづれ、北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先 (角川文庫)

      読書報告。河野 裕著「つれづれ、北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先」読みました。

       

      北野坂探偵舎シリーズの5冊目。帯には次作完結篇の発売予告も書いてあるのだけど、結局発売されなかったみたい。

      うん…だって面白くなかったもの…。

      パタはこのシリーズは、1巻の帯の「なんだこの萌えるペア」…だったかな、ともかく、男二人の組み合わせが萌えるというのに興味を持って買ったのですが。

      まあ…確かに1冊目から違和感はありましたよ。ミステリ語るのに、幽霊もってきちゃダメでしょ…とは常々思っていますが、このお話は幽霊が現れることが大前提で、しかもホイホイ出てくる。

      この5冊目に至っては、生きてる人間さえ幽霊の世界に取り込まれちゃう。

      それではミステリではないのではないでしょうか…まあ多分、この本を書くに当たり、作者様のテーマは天才的な作家と編集者の組み合わせを、天才的な作家の筆致で描くこと…だったようで、やたらトリッキーな会話とか描写が目立ちます。

      謎解き部分もあるにはあるのだけど、天才的な作家でかつ、探偵役の小説家は、肝心な時以外は寝ていたりいなかったり、謎解きに至る試行錯誤がまったくない。

      それじゃミステリ期待して読み始めたファンは、離れて行ってもしょうがないでしょう…という見解であります。

      うん…3冊目ぐらいまでは好きだったのにねえ…残念です。

       

       

       

       

      病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      我慢の限度
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        まずは。

        今日はオリンピック男子フィギュアで大興奮しました。羽生君も宇野君も素晴らしかった! よく頑張りました! ありがとう!

        宇野君が最後の演技で得点が出たとたんに日本が金銀独占だと知って思わずじたばたしちゃいましたよ。年甲斐もなくw

        宇野君は羽生君が素晴らしすぎてちょっとかすんだ感もあったけど、演技自体は素晴らしかったし、まだ若いから次のオリンピックでは金! 間違いない!

        しかし羽生君…彼はぜんそくがあるということで、そのせいか演技が終わると青白い顔になってしまうのが心配です。他の選手はみんな真っ赤になるのに。でももしかしてそれも、羽生君の美しさの一つになっているのかもしれないと思うと、何とも微妙な心持になります。

        まあとにかく今日のところは、懐かしい小泉元首相の名言「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!」とまるままパクりたい気持ちでいっぱいです。感動をありがとう!

         

        ふう。

        さて、いったんクールダウンしてw

        今日は歯医者に行ってきました。

        6か月ごとの検診です。

         

        パタは糸ようじもしばしば使うのですが、主に前歯のみ使ってます。奥歯は届きにくいし、一度無理やり歯の間にこじ入れた糸が抜けなくなってしまい、無理やり抜いたら一緒にシパーン!と小気味いい音と思にかぶせてあった金属がすっ飛んだ思い出があって、以来奥歯は敬遠気味なのですが、そこを突っ込まれてしまいました。

        歯科助手さん曰く、ブラシはちゃんとできているけど、歯間ブラシをもっとしろ!とのことでした。

        それで、いつもの検診のようにクリーニングをしてくれたのですが、それがまた…かなり痛かったのです。

        いつも思うのだけど、歯医者さんって痛ければ言ってくださいって気楽に言うけど、口をあけっぱでどうやって言うんだろう…。

        今日も痛いなあ…と思いながら我慢してやってもらっていたら、うがいのときに水が赤く染まってびっくりしました…相当出血したみたい。

        母にその話をしたら、痛かったらとっとと言え!というのですが。

        痛い前提の処置をするときに、どこまで我慢すればいいのか、パタにとっては永遠の課題なのです。

        あまりに簡単に音を上げて、こらえ性のないやつ…と思われるのはどうにも業腹。でも、訴えていいところを訴え損ねている…と思うのもなんかイラッとします。

        まあ結局、いつになっても最後まで我慢しちゃうと思うんだけど。パタの習性はそんなもんです。

        もうちょっと柔軟に生きたいと思いつつ、見栄の方がどうしても勝っちゃうのでした。

        病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        心が狭いと言わば言え
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          今日は有給を取って整形外科に行ってきました。

          そこでとてもムカつくことがありました。

           

          パタが行っている整形外科は、透析の人がなりやすい手根管症候群という病気の名医で、透析関係には超有名なところです。

          でも決して大きいところではなく、小さいビルの3階に構えているところで、手術室も一通りの検査機器もありますが、決して有名さほどには広いというわけではありません。

          今朝は父が送ってくれるというので、パタは楽々車で通院しました。場所柄、駅が深ーいところにあるので、今のパタだと階段半ばで胸が痛くなっちゃうかも…と言うところだったのでとてもありがたかったです。

          病院のほど近くにつけてもらい、信号を渡って歩いて行くと、目的のビルの間近で行き過ぎて戻ってくるおじさんがいました。

          パタがエレベーターのボタンを押したら後ろに立ったので、あーこのおじさん多分、パタと同じところに行くのにミスでパタと順番が変わったな…とか思っていたのですが。

          エレベーターを閉めようとしたところ、おばさんが「待って―!」と叫びながら走ってきたので、親切にもドアを開けて待ってやったのです。

          でも、小さなビルの小さなエレベーターなので、おばさんはパタたちを押し込めるような形でドアの前に立ちました。

          おじさんがボタンを押します。思った通り3F。だけど他の誰も他の階を押さないのです。

          この時点で嫌な予感がしましたが、案の定そのおばさん、ドアが開くなり真っ先に出て、一番最初に受付しちゃったのです。

          パタはその次、本来なら3人の中で1番のはずのおじさんは3番目でした。

          今日はたまたま空いていましたが、その病院はいつもものすごく混むので、順番の1番もぬかされたくないのです。

          まあパタもおばさんなので、しっかりそのおばさんに、図々しい…と言っちゃいましたが。

          だってひどいじゃないですか。わざわざドアを開け直してまで待ってやった我々を平気でぬかして自分が一番で受付するとか。

          なんか、そういう目に合うと、もう金輪際待ってやるもんか…とか思っちゃいます。

          その図々しいおばさんには、何かしっぺ返しが来るようにしっかり呪っとくことにします。

           

          病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          待たされた
          0

            JUGEMテーマ:病気

             

            透析の病院では定期的に血液検査があって、いろいろ痛くない腹まで探られちゃうのですが、今回その口で肝臓のデータが悪い…と院長先生から呼び出しを食らってしまいました。

            で、今日しぶしぶ行ってきましたよ大学病院! 仕事の押している中、一日の有給はつらいです…。

             

            パタが昔通い詰めていたころから考えると、大学病院の受付もウソみたいに早いしシステマチックでいろいろ便利です。

            とはいえやっぱり患者の絶対数が多いから、待たされるんだろうなあ…と覚悟していきましたが案の定でした。

             

            とりあえず、新しい科に受診ということで、初診受付でしばし待たされ、目的の科に行ってから担当の先生が決まるまで待たされ、さらにそこから呼んでいただけるまで相当待たされ。

            今日は透析の病院の先生のお手紙を持っていったので、そのお手紙に書いてあるデータとパタの問診でほとんどが終わったのですが、その場でエコーの予約と採血の予約を入れられました。

            エコーでまたしばし待ち、エコー自体も相当長くてパタは思わず寝ちゃったし、採血なんて45分待ち。

            終わった―…と思いましたが、次回の受診の予約を入れるのにまた相当待ち…ちなみに次回の予約は来月…と言うか来年ですわ…そして会計で待ちしてやっと終わりました。

            都合病院には5時間ぐらいいたけど、実質は多分1時間ぐらい…待ち時間長すぎ…。

            ものすごく空腹になって怒りっぽくなってしまい、帰りに家電量販店に行ってワイヤレスイヤホンを探した時も吟味するのが面倒くさくて、高価なSONYの奴を買ってしまいました。いいの…SONYならちゃんと働いてくれるだろうし。

            ちなみに、さっきちょっとだけ聞いたら、なかなかいい音でした。高価とは言っても安い方なのに、さすがいい仕事をしてくれます。

            明日は仕事に言ったらキリキリ働かなくては。時間の按分が本当に大問題です。

            そして来月…と言うか来年…また同じ思いをすると思うと、何ともはややるせないのでした…。

            病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            過密スケジュールw
            0

              JUGEMテーマ:日々のくらし

               

              過密と言っても別にプライベートとか仕事とかではなく、今月は妙に病院通いが忙しいですよ…とそんな話題です。

              先日、神経痛のブロック注射の予約をしました〜という話題は出しましたが、そのおかげでいつも月一で通っているペイン科に今月は2度行かなくてはいけなくて、それだけでも結構過密です。

              さらに、透析の病院が骨密度の検査をしましょう…と言うので、それも予約を入れてきました。

              何だろうなあ、本当に会社の保険組合に足を向けて眠れない。

              一月に3種類もの病院に行くなんて、なんというか申し訳ないような。

              さらに、足の爪が巻いちゃって腫れているので、それもどうにかしたい今日この頃…。

              一人にかける保険料じゃありませんて。

               

              今回妙に過密に感じるのは、会社バーゲンがあるからというのも一因です。

              なんか会社バーゲン、いつもパタの行けない日ばっかり狙って開催される…。

              でもいい加減ずうずうしくなってきたお局パタは、勤務を変更してまで会社バーゲンに行っちゃうのです。

              なぜ勤務を変更するかというと、透析に行けなくなっちゃうから。臨時透析を入れて、週3日の透析を確保する腹です。

              だってそうでもしないと、パタ安月給で今の会社に勤めてるメリット何にもないんだもの。

              制服が廃止になったことだし、私服をお安く買えるチャンスは逃すわけにいかないのでした。

              そんなことで、足なんか腫らしてる場合じゃないなあ。何とか当日までに対処せねば。

              いろいろ問題は山積なのでした。

              病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              おとといの昼ごはん、なに?
              0

                おとといの昼ごはん、なに?
                 

                あまりにも挑戦的なお題なので、つい乗ってしまいました。

                うーん、おとといのお昼ご飯…昨日ならばうちで食べたんだから…あっ、コーンスープと瓦せんべい一枚しか食べてないや…お休みだと途端にそんなお昼ご飯になっちゃいます。

                その前の日は社食で食べたんだから、確かアナゴの天丼とさんざん迷ってカレー風味の冷やしラーメンを食べたんじゃなかったかな。うん。意外と思い出せるもんだ。

                カレーが本当に風味だけで、思っていたものと違ったから印象的だったのかな…まあおいしかったけど、あれにカレーラーメンと名付けてはいかんじゃろ…という感じのラーメンでした。

                 

                さて今日はお昼ご飯抜きで…と言ってもズルしてかき氷を一つ食べちゃったけど…病院で誕生月の検診がありました。

                腹部エコーと心エコー。両方ともゴロゴロねっころがっているだけで技師さんが努力してくださる楽ちん検査でした。

                パタは透析を始めて相当長いので、なんだかもうかなり前から機能していない腎臓に大きめののう胞があると脅されてしまいました…。

                うーん、今パタが入院しますーとか言ったら、うちの部の子たちみんな忙しさに泣くだろうなあ…。

                なるべくそうはならないような方向で進めていきたいですが、先生が何とおっしゃるか。多分症状が出なければ放置でいいんだろうけど。

                やっぱりうちの部、そんな綱渡りしてないで、何とか人員の補充を考えなきゃいけないんじゃないの…と、透析とは関係ないことをつらつら思ったりしましたとさ。

                病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                汗だらけ
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  今日は有給を取って整形外科に行ってきました。

                  手根管症候群の手術、気が付けばあれだけ悩まされた指のしびれ、いつの間にかほとんどきれいに治っていてびっくりです。

                   

                  本当はこの受診、先週の木曜日に行く予定だったのですが、仕事があまりにも終わらないのでいったん延長してもらったものです。

                  それで、その予約の時に、次の週の水曜日!ってちゃんと行ったはずなのに、なぜか13日…って言うし、あれっ?とは思ったものの、粗忽なパタはカレンダーを持っていなかったので、疑問に思いながらもそのままにしてしまい、やっぱりあまりにも不安だったから問い合わせをして日付が違っているのに気が付いたりしました。

                  で、そこから水曜日になりませんか…と低姿勢で頼んだ結果、朝早くなら…ということで今日の予約を勝ち取ったものです。

                  大体いつも早めにはついているんだけど、わざわざそんなふうに言われたということは、本気ださにゃいかん…と思い、父の車も動員して一生懸命早く行きました。

                  …まあ、ちゃんと時間を調べて行かなかったパタが悪いんだけども…ああいう病院って大体一番早い時間は8時半だと思っていたのですが、きっちり9時からなのに、8時前に着いてしまいました。

                  しかも、受付は8時45分からで、受付前は共有部分なので時間になるまでたまるな…との注意書きが。

                  しょうがないのでパタはふらふら外に行きましたよ…。

                   

                  まだ朝早いとはいえ、結構暑く。

                  時間的にまだカフェなども開いてないし、近くにあるコンビニの座れるところはすでに満員で誰も動かないという。

                  ちょっと足を伸ばしてファストフードにでも行こうか…とも思いましたが、本当に結構足を伸ばさなくちゃいけなくて、それも面倒で、そのままふらふら歩きました。

                  その辺高級住宅街で、ちょっと奥に行くと立派な大使館があったり、水の流れる公園があったりして、なかなか楽しめましたが…それも気温が安定していればこそ。

                  もう…なんというか…小一時間ふらふらしていたら、えらいこと汗をかきました…。

                  なかなか汗がひかなくて参った参った。

                  しかも、時間丁度ぐらいに戻ってきたはずなのに、すでに3番になっているという…前の二人、時間前に来て共有部分でたむろしていたってことじゃない。

                  正直者のパタだけが損をする典型のような出来事で、結構イラッと来ましたよ…。

                   

                  ちなみに、手の方はすこぶる順調で、次には真冬に行けばいいようです。

                  気候のいい時に行きたいですw

                  病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  解放感
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    有給を取って整形外科に行ってきました。

                    1週間ぶりに、左手首のでかいテープを外してもらえました!

                     

                    パタが行っている病院は、金曜日が手術の日で固定しているので、1週間後に来てくださいと言われたら木曜日か土曜日に行くしかないようです。

                    土曜日は土曜日で別の病院に行く予定が入っていたので、今日を選んだのですが、先生曰く1週間たたないとうまくふさがらない…だそうで。

                    初めて傷口を見ましたが、縫ってないというだけあってそんなに大きくないとはいえ割と生々しい傷がぱっくり開いてました。

                    ちょっと強い力がかかったらまた口をあけそうな…でも、消毒してもちっとも沁みないんだから、一応はふさがっているとは思えますが、パタ中身がおばあちゃんだから、いまいち治りも遅いような気がしますw

                    せっかく御開帳…!と思っていたのに、また大きめの絆創膏で封印されてしまい、土曜日まで濡らしてはいけません!と言い渡されてしまいました。がっかりです。

                    でもまあ、今まで貼っていたテープは動きを封じるような硬めのテープだったので、手首が自由に動くだけでもだいぶ違います。軽く開放感を覚えているところです。

                     

                    ところで…先生が握力計と、あれなんて言うんだろう…親指と人差し指でつまんでその力を測る機械を出してきて、にぎって挟んでとおっしゃいましたが、両方とも5キロだった…。握力5キロて…確か学生のころは30キロぐらいあったような気がするんだけども。

                    どうりで絞る動作が全然できないわけです…というか、むしろ右手の握力も知りたい…。今度上手にお願いしてみよう…。

                    そして、セルフリハビリ頑張らなくては。

                     

                    ちなみに…今日は通院のご褒美にでかいケーキを買って食べました。マンダリンと琵琶のショートケーキです。スポンジがちょっと変わってたけどおいしかった! また買おう…!

                    病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    手術前検査
                    0

                      JUGEMテーマ:今日のこと

                       

                      5月半ばに手根管症候群の手術の予約を入れているのですが、今日はその前の検査と説明ということで、土曜日だけど早起きして整形外科まで行ってきました。

                      パタの言っているところ、診察は日付のみの予約で時間指定ができないので、早めにいかないと混んじゃってしょうがないのです…。

                      でも今日はやっぱり多少休日の緩みもあり、なかなか混んでいるところにカチあってしまいました。やれやれです。

                      うーん…どうしてどう見てもお仕事していそうもないご老人がわざわざ土曜日に予約してくるんだろう。ちょっと都合してくれればいいのに…。

                      もとい。

                      そこで血液検査と心電図をとり、手術の説明を受けてきましたが、手術当日には必ず付き添いをつけてくれと言われてタハーとなりました。

                      パタぐらいの年齢の人なら、連れ合いか、あるいは子供が付添としてついてきてもいいようなころあいですが、生涯独身を貫くであろうパタはそんな相手はいないのです。なので、後期高齢者の母に付添を頼むしかないのです。

                      …なんというか、立場逆なんじゃない感が半端ないっす…。

                      日帰り手術だし、一人で行って一人で帰ってくる気満々だったのに…出鼻をくじかれた感がいたします。

                      まあしょうがないか…ちぇー。

                       

                      ところで、今日は妹夫婦が忙しいとかで、甥っ子1号2号がそろってやってきております。一晩泊るそうです。

                      すでにパタの3DSを占拠して、時折奇声を上げております…ちゃんと今晩のパタの睡眠のお供に、返してくれるんでしょうね…。

                      1号はもう中学2年なのですが…パタがそのぐらいの年のころには、一晩ぐらいのお留守番は余裕でやったような気がするけど、男の子ってなんというか、子供っぽいというか、信用がないんすね…。

                      じいじもばあばも文句を言いつつ結構楽しそうにしておりますが、パタは貴重な休みをつぶされて大変不満です…。

                      来週いっぱい働くのが辛そうです…。

                      病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search