出血…
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    今日のカテゴリーは病院といってもいつもの透析の病院じゃなくて歯医者のお話。

     

    しばらく前からパタは歯医者さんに通ってます。左上奥歯の詰め物が取れちゃって、銀を作ってもらっていたのです。

    1回目は、最初に型を取った日から2週間、仮の詰め物で不自由な思いをしながら過ごし、やっと通院したら、取ったはずの型が割れちゃって、ちゃんとした銀歯ができなかったということで、また仮歯を詰めて1週間待たされました。

    仮のセメントみたいなの、ザラザラするし、口の中が荒れまくって嫌なのですが取ってしまうわけにもいかなくて、とても癪な代物です。

    ところが2回目は、1週間後の予約を待つまでもなく先生から電話がかかってきまして、またしても型が割れちゃった…とのことで、また一から型を取ってやり直しでした。

    そして今回、三度目の正直でやっと銀歯を入れることができましたが、前回から2週間待たされたのです。

    都合、不愉快な仮の歯で5週間も待たされたという…。

    最後のほうなんて、何を食べても浮くような感じで、食べるものによっては仮歯自体がどんどん変形しちゃうし、本当にだましだまし使ってました。

    それで今日、やっと念願の銀歯が入りましたが、歯科助手さんの言うことには。

    仮歯が入っていて磨きづらかったこともあるでしょうが、奥歯の周りの歯茎が腫れちゃって、ちょっと触っただけでも血が出る状態なので、歯磨き頑張ってください…だそうで。

    なんか…とても面白くないのです…。

    まあパタはいい年齢ですが、とりあえず自分の歯は親知らず以外全部そろっていて、歯磨きもそれなりに頑張っているのです。

    以前通っていた歯医者さんは結構オープンなスペースに数人の患者を座らせ、先生や助手さんたちも数人いて、流れ作業的に治療を行っているのが見渡せたのですが、そこにいる患者さんたちのレントゲンもかなりオープンに見ることができたのです。

    すると、自分の歯が欠けている人のなんと多いことか…それを見ると、パタの歯は子供のころから虫歯にもよくかかったけど、全然いいほうだな!などと謎の自信を得ていたのに…。

    最近ではフロスや歯間ブラシも駆使していろいろ努力しているのに…なんで5週間も待たされた挙句そんな歯茎になることやら。

    さっき歯を磨いて、その辺もよく磨いたら、別に痛くもかゆくもないのに、なるほどの状態が展開されたりして…。

    ううん…やっぱり歯磨き頑張るけど、次の受診までに何とかなるんかいな。

    歯を治すつもりでより悪くしてしまったという…切ないです…。

     

     

    病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    失敗か
    0

      JUGEMテーマ:今日のこと

       

      大体ここのカテゴリーで病院を選ぶと透析の話とか腰痛の話とかになるんだけど、今回は歯医者さんのお話です。

      先々週からまた歯医者さんに行き始めているのですが、今日は珍しい体験をしました。

      銀歯の作成失敗例です。

       

      つい最近、ここで最近の歯医者さんは、歯の型を取るときに、かなり大きく歯というか、あごの形の模型を作ってそれに銀歯を当てはめる…みたいなお話をかいたと思うのだけど。

      今日はその作っていた銀歯が出来上がっている予定の日だったので、行ってみたのだけど、なんか歯科助手さんがとても苦労しているのでした。

      で、そのうち先生を呼んで入らない〜と訴えているので、なぬ…と思っていたのですが、なんだか作っていた顎の模型が割れていて、それでちゃんとした銀歯が作れなかったようなのです。

      確かに仮歯生活はちょっとうっとうしいけど、今日に関しては痛くもかゆくもないので別に構わないのですが、歯科助手さんと先生の二人とも平謝りで、その挙句診察代金がただでした。

      いくら失敗したからって、一人分の時間を取って先生の手を煩わせたのに、そんなことでいいのかね…。

      これがいつもパタが腰痛で行っている大学病院ならしっかりなにがしか請求されるところですが。

      まあとにかく、パタは何の負担もないので面白い経験だったとそこだけ受け止めておくことにしますw

      来週、ちゃんとしたものができていることを期待します。

       

      …ところで、今朝新聞で、最初はグーも志村けんさんが作った…というのを驚きをもって書かれている記事を拝見したのですが…。

      パタにとっては当たり前のことで、…いかん年がばれるw…パタと同年代の人たちには常識だと思えることなのですが。

      確かにあっという間に広まったけど、そんな出どころもわからないほどに定着したというのはすごいことだなあと感心したりしました。

      …今度会社の若い子たちに、最初はグーの発端を知っているかどうか聞いてみよう…。

      またしても楽しい話題をありがとうって感じw

      病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      心エコー
      0

        JUGEMテーマ:今日のこと

         

        通勤時やお風呂に入るときなど胸のあたりがぎゅーっとなるので訴えたら心エコーを撮りましょうということになり、今日行ってきました。

        実は去年の今頃も同じようなことを言ってやはり心エコー撮ってもらったのです。

        ちょっと前に負荷をかける心電図も撮ってもらい、その時も心筋症の症状は一切ない!と太鼓判を押してもらったのですが、透析をしている人は心臓に負担がかかるそうだし、パタもう30年も透析しているのでそろそろおんぼろの心臓でもおかしくないし、去年やってから一年ほどたつのでまあいいか…とそのまま受けてきました。

        結論から言うと何ともないそうですw むしろ、去年よりもよくなっている!と言われてしまいました。

         

        去年はやっぱり胸が痛いーと言っていて、いろんな検査をしても引っかからず、そのうちそのまま肺炎になってしまい、しばらくグダグダ過ごしていたら何となく治ってしまったので、もしかしたら心臓よりも肺が悪かったのかもしれない…と思っています。今年ももしかしてそのパターン…するとまた近いうち肺炎になっちゃったりするのかしらん。それはどうにも勘弁してほしい感じですが。

        外部から特別にお呼びしている循環器の先生がおっしゃるには、心臓の血管だかなんだかがけいれんして起こる何とかとかいう病気があるそうで、寒さとか疲れているとかストレスとか、飲みすぎ、たばこの吸いすぎ、あとは睡眠不足、水分不足…などで起こりやすいとのことでした。パタは酒もたばこもやらないけど、ほかのことはすべて当てはまるので、そうお答えしておくと苦笑いされちゃいました…。

        まあたぶんパタが年甲斐もなくゲームに明け暮れて睡眠時間を削ったりするのが悪いんでしょうね…。いわゆる当然の結果なのでしょうか…。

         

        まあいろんなことを考え併せて、そろそろパタも自分の身の振り方でも考えないといけない頃かも…とは思っております。両親も、いつまでも元気でいてくれるとも限らないもの。

        そんなことを思いながら、予約しておいた昨日発売のシャネルの新しいお粉を取りに行ったりして、相変わらず散財は止まらないのでした。

        こんな調子で無駄遣いをすることを習慣づけてしまうと、無職になった場合いろんな欲求に耐えられるのだろうかと、今のところそれが一番心配だったりして。

        うん…今のうちに内職用にパソコンのスキルでもあげておくべきなのかもしれません…。

        病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        消化器内科
        0

          JUGEMテーマ:今日のこと

           

          3か月に一回、もろもろチェックのために通っている病院に行ってきました。

          肝臓って何科だろうか…と思った時に消化器内科だというのはなんかちょっと納得がいかないというかw

          消化器というのはパタの乏しい知識では、胃とか腸とかなんだけど。

          まあ消化のための酵素やらなんやらを出しているそうだから、やっぱり消化器科になるのでしょうか。

          もとい。

          念のためにと通うことを義務付けられていますが、毎回何にも代わり映えない。まあもっとも、それはありがたいことなんでしょうが。

          今回はなぜか、骨が…?と言われてしまい、さらに悪いところが増えるのはごめんなので、片耳ふさいだような状態で聞いてきました。またなんか検査が増えるかもです。

          まあ骨はね…こんなに腰が痛いし、あちこちギシギシしまくっているので、別に難しい検査を経なくても、なんか調子悪い…というぐらいはわかりますよ。透析長いもんね。しょうがないのかもね。

          また3か月後に予約を入れてきました。次は来年の通院です。

          実は今日お休みを取らないといけないということを直前まで忘れていて、結構ショックでした。今月から勤務内容が変わって、時間は少しでもあったほうがいいのに、いきなりこんな3連休後のお休みなんて阿漕な真似をしていいのでしょうか…。

          というか、今月内に仕事が終わるかどうか、本気で心配です…。

           

          病院の帰りに母と待ち合わせてお昼ご飯を食べ、母の財布を買いに行きました。母が今使っている財布は、かなり前に父にプレゼントしてもらったそうで、結構高価なものだったらしいのですが、長年毎日使っているのでさすがにボロボロになり、父から買い替えろ!と厳命が出たとか。

          パタは今は小銭を入れるところがガバァと開く色気のない財布を使っているのですが、そのあまりの使い勝手の良さに、もう小袋に小銭を入れる生活には戻れない気がしています…でも、新しいお財布を見てしまうと、いいなあ…ほしいなあ…とか思うのでした。

          まあ…パソコンちゃんを買っちゃったしね、しばらく衝動買いはやめておこう…と一応思うのでした…。

          病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          半年ぶり
          0

            JUGEMテーマ:今日のこと

             

            お休みを取ると、その大半を病院通いで費やしてしまいますが、今日も例によって、半年ぶりの整形外科に行ってきました。

            手根管症候群の手術後の半年検診ですよ。

             

            正直、手術をした左手は、いまいち力が入らないし、大きく手を開くときにもいったん引っかかって、それから開く感じ。パタ的には100パーセントとはとても言えません。

            でも、先生は握力と、つまむ力を測ってくださり、電気を通して何やらチェックして、よくなってる!と大満足なのでした。

            パタはついに今日は、右手も測りたい…と言ってしまいましたw

            学生のころ、パタはクラスでも1〜2を争う筋力の持ち主だったのですよ。なんか記憶では50キロぐらいあった気がするんだけど。さすがにいくらなんでもそんなになかったかなあ。

            それが、今日は測らせてもらったら、右手の握力は25キロぐらいだったかな…30キロ行きませんでした。

            うん…今調べてきたら平均値ぐらいだった。なんか平均値では満足いかないんだけども…。

            まあピアノから離れてかなりたつし、病気がちでよろよろしてるんだから、平均値有れば御の字かな…。

            次回は1年半後…と先生はおっしゃりましたが、再来年の6月とおっしゃったので、大体2年後です。それまでに再発しないといいなあ。

             

            思ったよりもだいぶ早く終わったので、新宿に出て3人分のお昼ご飯を買い、母に頼まれた駄菓子類を買いました。踊りのお稽古に行くのに、おやつを持って行かないといけないんだって。変な習慣だなあ。

            明日は両親に、ちょっと離れたお店で晩御飯をごちそうするつもりなので、それまでに何とかパソコンちゃんをやりたいです。

            やっぱり結局プロに泣きつくのかなあ…こうご期待で。

             

            病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            ブロック注射
            0

              JUGEMテーマ:今日のこと

               

              腰痛からの神経痛が、まただいぶひどくなってきてしまったので、今日は有給を取って病院に行ってきました。

              多分4回目のブロック注射です。

               

              ブロック注射も、どういう加減か、素晴らしく効くときとそうでもない時があります。

              2回目のときは素晴らしく効いたんだけど、3回目はそうでもなかった。半年と少ししか持たなかったみたいです。

              回数を重ねると手順がわかり、慣れて余裕になるかというとそうでもなく、今日パタは緊張のせいか、血圧180に迫る記録をたたき出しました。高!

              そして今日はなんというか、若い先生の実験台にされちゃった気がします…。

              最初の麻酔をしてからはだいぶ感覚が鈍になるのだけど、それでも針で体の中をひっかきまわされているのがわかりました。

              何時もよりだいぶ長い時間をかけて何とか響くところを見つけ出してもらい、そこからさらに麻酔注入してから薬剤と、多分熱処理。

              うん…いつもながらだいぶ痛かったです。

              今日のところは、神経痛はあまり感じないけど、下半身全体がだるーい感じ…いや、そりゃやっぱり、針とはいえ、体の中を探られたら調子悪くなるよね…。

              そんなことで今日は少しでも早く寝るつもりではあります…。

              なんか最近、夏の恒例とはいえ、またちっとも夜熟睡できなくなっちゃって、困っているところであります。

              健やかにゆっくり寝て、少しでも体力の回復を図りたいところです。

              そんなことで短いですがこの辺で!

              病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              有給消化
              0

                JUGEMテーマ:今日のこと

                 

                今日は有給を取って大学病院に行ってきました。

                3か月に1回の検診です。

                パタ本当におんぼろで、腎臓や背骨、目玉以外にも悪いところがたくさんあるのです…その進捗具合を確かめるために、3か月ごとの通院を課されていまして。これがなかなか面倒なのですが、しょうがないので有給潰して行ってます。

                 

                今日はエコーの検査もありました。

                エコーねえ…待たされるのもなんだけど、たいてい途中で寝ちゃうんだよね…いいんだろうか、そんなんで。

                息をしてくれとかなんとか結構言われるのに、途中からこの人無反応になってる…とか思われてるんじゃなかろうか。

                息と言えば、肺炎をやったからでしょうか、なんか大きく息を吸ってとか言われても、なかなか困難になっていることに気が付きました。こんなところにまで影響があるなんて。

                 

                そして、その診察の待ち時間の合間に、いつものペインに飛び入りで行かせてもらって、ブロック注射の予約だけしてきました。

                先生は、今日する〜?なんて気楽におっしゃいましたが、するんだったら杖を持ってこないといけないんだし、心の準備もできてない。

                先生には、受診の方が何時に終わるかわかんない…と言って、とりあえず予約だけにとどめましたが、本当は今日できたらそれが一番よかったです。だって足、痛いんだもの。

                自宅では、椅子の上でも胡坐をかいたりしていて、それが一番楽な姿勢なんだけど、さすがに会社で胡坐はかけないでしょう…。

                いくら最古参のお局と言ったところで…ねえ。

                 

                そして繁華街に出ていろいろ買い物をしてきました。飴ちゃんはともかく、下着を買いに行ってダルダルの体を見られ、いきなり奥さん!とか言われたとか…体に年齢が出ていたと見える…。

                まあ、そういう年なんだろうけど、結婚もしてないパタには心構えができてないのでした…。

                明日はそのかわいい下着をつけて、内側だけルンルンで会社に行こうと思います!

                 

                つれづれ、北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先 (角川文庫)

                読書報告。河野 裕著「つれづれ、北野坂探偵舎 トロンプルイユの指先」読みました。

                 

                北野坂探偵舎シリーズの5冊目。帯には次作完結篇の発売予告も書いてあるのだけど、結局発売されなかったみたい。

                うん…だって面白くなかったもの…。

                パタはこのシリーズは、1巻の帯の「なんだこの萌えるペア」…だったかな、ともかく、男二人の組み合わせが萌えるというのに興味を持って買ったのですが。

                まあ…確かに1冊目から違和感はありましたよ。ミステリ語るのに、幽霊もってきちゃダメでしょ…とは常々思っていますが、このお話は幽霊が現れることが大前提で、しかもホイホイ出てくる。

                この5冊目に至っては、生きてる人間さえ幽霊の世界に取り込まれちゃう。

                それではミステリではないのではないでしょうか…まあ多分、この本を書くに当たり、作者様のテーマは天才的な作家と編集者の組み合わせを、天才的な作家の筆致で描くこと…だったようで、やたらトリッキーな会話とか描写が目立ちます。

                謎解き部分もあるにはあるのだけど、天才的な作家でかつ、探偵役の小説家は、肝心な時以外は寝ていたりいなかったり、謎解きに至る試行錯誤がまったくない。

                それじゃミステリ期待して読み始めたファンは、離れて行ってもしょうがないでしょう…という見解であります。

                うん…3冊目ぐらいまでは好きだったのにねえ…残念です。

                 

                 

                 

                 

                病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                我慢の限度
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  まずは。

                  今日はオリンピック男子フィギュアで大興奮しました。羽生君も宇野君も素晴らしかった! よく頑張りました! ありがとう!

                  宇野君が最後の演技で得点が出たとたんに日本が金銀独占だと知って思わずじたばたしちゃいましたよ。年甲斐もなくw

                  宇野君は羽生君が素晴らしすぎてちょっとかすんだ感もあったけど、演技自体は素晴らしかったし、まだ若いから次のオリンピックでは金! 間違いない!

                  しかし羽生君…彼はぜんそくがあるということで、そのせいか演技が終わると青白い顔になってしまうのが心配です。他の選手はみんな真っ赤になるのに。でももしかしてそれも、羽生君の美しさの一つになっているのかもしれないと思うと、何とも微妙な心持になります。

                  まあとにかく今日のところは、懐かしい小泉元首相の名言「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!」とまるままパクりたい気持ちでいっぱいです。感動をありがとう!

                   

                  ふう。

                  さて、いったんクールダウンしてw

                  今日は歯医者に行ってきました。

                  6か月ごとの検診です。

                   

                  パタは糸ようじもしばしば使うのですが、主に前歯のみ使ってます。奥歯は届きにくいし、一度無理やり歯の間にこじ入れた糸が抜けなくなってしまい、無理やり抜いたら一緒にシパーン!と小気味いい音と思にかぶせてあった金属がすっ飛んだ思い出があって、以来奥歯は敬遠気味なのですが、そこを突っ込まれてしまいました。

                  歯科助手さん曰く、ブラシはちゃんとできているけど、歯間ブラシをもっとしろ!とのことでした。

                  それで、いつもの検診のようにクリーニングをしてくれたのですが、それがまた…かなり痛かったのです。

                  いつも思うのだけど、歯医者さんって痛ければ言ってくださいって気楽に言うけど、口をあけっぱでどうやって言うんだろう…。

                  今日も痛いなあ…と思いながら我慢してやってもらっていたら、うがいのときに水が赤く染まってびっくりしました…相当出血したみたい。

                  母にその話をしたら、痛かったらとっとと言え!というのですが。

                  痛い前提の処置をするときに、どこまで我慢すればいいのか、パタにとっては永遠の課題なのです。

                  あまりに簡単に音を上げて、こらえ性のないやつ…と思われるのはどうにも業腹。でも、訴えていいところを訴え損ねている…と思うのもなんかイラッとします。

                  まあ結局、いつになっても最後まで我慢しちゃうと思うんだけど。パタの習性はそんなもんです。

                  もうちょっと柔軟に生きたいと思いつつ、見栄の方がどうしても勝っちゃうのでした。

                  病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  心が狭いと言わば言え
                  0

                    JUGEMテーマ:今日のこと

                     

                    今日は有給を取って整形外科に行ってきました。

                    そこでとてもムカつくことがありました。

                     

                    パタが行っている整形外科は、透析の人がなりやすい手根管症候群という病気の名医で、透析関係には超有名なところです。

                    でも決して大きいところではなく、小さいビルの3階に構えているところで、手術室も一通りの検査機器もありますが、決して有名さほどには広いというわけではありません。

                    今朝は父が送ってくれるというので、パタは楽々車で通院しました。場所柄、駅が深ーいところにあるので、今のパタだと階段半ばで胸が痛くなっちゃうかも…と言うところだったのでとてもありがたかったです。

                    病院のほど近くにつけてもらい、信号を渡って歩いて行くと、目的のビルの間近で行き過ぎて戻ってくるおじさんがいました。

                    パタがエレベーターのボタンを押したら後ろに立ったので、あーこのおじさん多分、パタと同じところに行くのにミスでパタと順番が変わったな…とか思っていたのですが。

                    エレベーターを閉めようとしたところ、おばさんが「待って―!」と叫びながら走ってきたので、親切にもドアを開けて待ってやったのです。

                    でも、小さなビルの小さなエレベーターなので、おばさんはパタたちを押し込めるような形でドアの前に立ちました。

                    おじさんがボタンを押します。思った通り3F。だけど他の誰も他の階を押さないのです。

                    この時点で嫌な予感がしましたが、案の定そのおばさん、ドアが開くなり真っ先に出て、一番最初に受付しちゃったのです。

                    パタはその次、本来なら3人の中で1番のはずのおじさんは3番目でした。

                    今日はたまたま空いていましたが、その病院はいつもものすごく混むので、順番の1番もぬかされたくないのです。

                    まあパタもおばさんなので、しっかりそのおばさんに、図々しい…と言っちゃいましたが。

                    だってひどいじゃないですか。わざわざドアを開け直してまで待ってやった我々を平気でぬかして自分が一番で受付するとか。

                    なんか、そういう目に合うと、もう金輪際待ってやるもんか…とか思っちゃいます。

                    その図々しいおばさんには、何かしっぺ返しが来るようにしっかり呪っとくことにします。

                     

                    病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    待たされた
                    0

                      JUGEMテーマ:病気

                       

                      透析の病院では定期的に血液検査があって、いろいろ痛くない腹まで探られちゃうのですが、今回その口で肝臓のデータが悪い…と院長先生から呼び出しを食らってしまいました。

                      で、今日しぶしぶ行ってきましたよ大学病院! 仕事の押している中、一日の有給はつらいです…。

                       

                      パタが昔通い詰めていたころから考えると、大学病院の受付もウソみたいに早いしシステマチックでいろいろ便利です。

                      とはいえやっぱり患者の絶対数が多いから、待たされるんだろうなあ…と覚悟していきましたが案の定でした。

                       

                      とりあえず、新しい科に受診ということで、初診受付でしばし待たされ、目的の科に行ってから担当の先生が決まるまで待たされ、さらにそこから呼んでいただけるまで相当待たされ。

                      今日は透析の病院の先生のお手紙を持っていったので、そのお手紙に書いてあるデータとパタの問診でほとんどが終わったのですが、その場でエコーの予約と採血の予約を入れられました。

                      エコーでまたしばし待ち、エコー自体も相当長くてパタは思わず寝ちゃったし、採血なんて45分待ち。

                      終わった―…と思いましたが、次回の受診の予約を入れるのにまた相当待ち…ちなみに次回の予約は来月…と言うか来年ですわ…そして会計で待ちしてやっと終わりました。

                      都合病院には5時間ぐらいいたけど、実質は多分1時間ぐらい…待ち時間長すぎ…。

                      ものすごく空腹になって怒りっぽくなってしまい、帰りに家電量販店に行ってワイヤレスイヤホンを探した時も吟味するのが面倒くさくて、高価なSONYの奴を買ってしまいました。いいの…SONYならちゃんと働いてくれるだろうし。

                      ちなみに、さっきちょっとだけ聞いたら、なかなかいい音でした。高価とは言っても安い方なのに、さすがいい仕事をしてくれます。

                      明日は仕事に言ったらキリキリ働かなくては。時間の按分が本当に大問題です。

                      そして来月…と言うか来年…また同じ思いをすると思うと、何ともはややるせないのでした…。

                      病院 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search