目がかすむ
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    なんだかとっても目がかすみます。

    原因はおそらく、というか絶対にゲームのやりすぎですな…。

     

    お友達から教えてもらったドラえもんパークという落ちゲが楽しくてやっていたのですが、割と早いうちに詰まり、なぜか似たような落ちゲのマジンマンションというのをやり始めてしまいました。

    どちらも落ちてくるピースを3つ以上そろえて消していくありがちなゲームですが…特にマジンマンションの方は、これまんまパクったろ…と思うようなデザインだったりもしますが、とにかくそうして画面をクリアして星や鈴を集めると、ロビー画面の編集ができるようになっているのです。

    ドラえもんパークのほうが文字通り公園作りなのに対して、マジンマンションはお部屋作りです。絵柄はマジンマンションのほうが断然かわいい。でも、ドラえもんのほうが鈴を集めるのが少なくても簡単に編集させてくれるので、進め甲斐はあります。

    ただ…特にドラえもんのほうが落ちてくるピースが細かくて、それを凝視しちゃうもんだから、まあとにかく目が疲れるったら。

    パタの場合、それら二つのほかにいつもやっているヘイデイとか、キャンディークラッシュとかも普通に進めているので、スマホ依存なんじゃないかと思う程度には画面を見ています。

     

    今日はあまりにも目が疲れているので読書をしましたが…結局目は使うんだよな…。でも、目を使わない時間の過ごし方ってどんなことがあるのかパタにはわかんない…。誰か教えてほしいです。

    音楽を聴くとかいうのは無理。パタの場合ぼーっと音楽だけ聴いているのが不可能で、結局何かしらやっちゃうから。

    まあ貧乏性なんですよね…。

    もとい。

    ドラえもんパークをやっていると、今のドラえもんの声で、完璧だよ!とか、すごいにゃ!とか、やたらニャーニャーした声で褒められたり、ゲームクリアできないと、これでもかというようなため息をつかれたりしてイラっとします。

    それを思うに、あんなにドラえもんに罵倒されたりそっけなくされたりしている割にすぐにドラえもんに泣きついたり、へらへら笑って照れたり喜んだりするのび太君って実は大人物なんじゃないかと思えてきました…。

    あとしずかちゃんの落ち着きようはどんなことなんだろうか。

    まあパタは、以前のドラえもんの大山のぶ代さんの声でなければ何となく容認できなかったりするのです。

    ゲーム | comments(0) | - | -
    entry_bottom
    ヘイデイ
    0

      JUGEMテーマ:ゲーム

       

      今日もまた電波の調子が悪く、メモ帳を使ってます。
      まあこれを使えばいいっちゃいいんだけどさ…やっぱりすっきり一度でUPしたいじゃん…。
      今度こそ本気で日程の調整に入ろうとは思います…。今度の土日にはやっぱり本の整理のほうが重要課題だよな…。
      さて、あんまり書くこともないのですが。
      いまだに定期的に課金しつつちびちびやっているヘイデイ、また新しいステージができたようです。
      なんでも渓谷とか…ちょっとやってみましたが、あんまりよくわからないままとりあえずつるはしをゲットできました。
      これは、毎日開いているものじゃなく、定期的に開かれるようですが…今一つ盛り上がらないような。
      まあおいおい、理解していくのかもしれません。
      ヘイデイといえば、そんな新しいステージよりは、おまけ付きの土地を開拓するのに必要な書類が全然手に入らないし、街の自然保護区の動物たちの子供が欲しいのだけど、餌を作るのがバカにならないとか、そういう地味なところで行き詰ってます。
      しかし、もう結構な金額をつぎ込んだこともあり、そう簡単にやめるわけにはいかないような…全然飾らなくて、ただ施設を並べているだけの我が農場ですが、日に2度ずつ通っていると、やっぱり愛着も沸くんですな…。
      うん…パタコツコツ系は結構得意な方だから、ついやりだすと止まらなくなっちゃうんだよね…。
      まあ時間ばっかり食っちゃって何にも実りがないので、ゲームもいい塩梅にやめられればいいのですが…結構いろいろ難しいです…。
      ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
      entry_bottom
      サルを増やす
      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

        最近はまっていて、猿のように繰り返してしまうスマホゲームがあります。

        Dropdomと言って、逆テトリスと言ったらいいかなあ…四角いブロックを一列に並べて消すゲームなのですが、下から新しい行が次々せりあがってくるものです。

        パタが特に単純だからかもしれませんが、目標もないのに中毒性が強く、一度始めると次々ステージを重ねてしまいます。

        パタはこのゲームのおかげでここの所さらに寝不足です。ベッドにスマホを持ち込んで黙々とやってしまうからです。

        なんか…半分寝こけながらもやっていて、我ながら阿呆じゃないのか…と思ってしまいます。

         

        そんな己のサル加減がちょっと嫌になり、ほかの人の反応はどうだろうと思って、会社に行って布教してみました。

        これが面白いよ!というのではなく、ラインで強制的に送り付けてしまうという…まあダウンロードするかどうかは本人次第ですが、めったに連絡をよこさないお局がこのゲームをせよ!と迫ってきたら、なかなか断れる豪胆な人はいないんじゃないでしょうか。

        まずはオタク友達のKちゃんに。彼女は育児中で忙しいにも関わらず、しっかりはまってくれました。

        では次に、何事にものめりこむタイプのMちゃんに。Mちゃんも楽しくやってくれているようです。

        ということは、たぶんパタ一人がサルなのではないに違いない…と納得して、安心してゲームを進めている今日この頃です…。

        まあ一番の巨大なサルはやっぱりパタなんだろうけどもw

        何事も熱中できるのはいいこと…だと思うことにします…w

         

        ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
        entry_bottom
        久しぶりの
        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          先日、ビッグカメラを通過することがあり、ついふらふらとおもちゃ売り場をのぞいたら、やっぱり案の定ゲームを衝動買いしてしまいました。

          まあ…パタも一応…ボーナス出たし…いっか…みたいな。

          しかし、今や携帯ゲーム機の主流はすでにスイッチなんですね。入口の真ん前、一番目立つところにスイッチのコーナーがバーンとあり、場所もかなり取っているのでした。

          スイッチなんて発売されてまだ間がない気がするんだけど、そんなにたくさんソフトがあるのかなあ。

          パタはスイッチから3DSを通り過ぎて、Vitaのコーナーに行きました。

          そこで一つ買っちゃいましたよ! ほぼノベルゲというやつを!

           

          いやしかし、ノベルゲとか乙女ゲとかは普通に買うからいいのですが…。

          びっくりしたのが、帰宅してから調べてそのソフトがボーイズラブ系だということ。

          BLが市民権を得てだいぶたつのはもちろん承知ですが、今までそういうソフトにはあまり見かけなかった気がするのに、なんか…パタは二つ手に取って、どっちにしようか悩んで、一つはあからさまにBLゲと書いてあったからやめたのに、そっちもそうだとは。

          あの小さな棚に、少なくとも二つのBLゲがあったということで、ちゃんと探せばもっとたくさんあったのかも。

          今日早速病院に持ち込んで少しやってきましたが、久しぶりなので本体更新があったりして、時間ほどには進みませんでした。

          これ…面白かったら…迷ったBLゲも買っちゃいそう…。

          またしてもだめな大人の道をまい進しそうです…。

           

          ところで、ビッグカメラに行ったのはアップルの修理受付に行ったからなのですが。

          そろそろ保証期間が切れるので、その前にバッテリの交換をしてもらいたいのです。なのに、アップルセンターの予約が全然取れないの。

          しょうがないから直に行って予約しよう…と思ったのですが。

          ネットで予約しないとだめなんだって! そしてその予約は毎日10時に更新されて、今日明日の分しか受け付けないんだって!

          まっとうな社会人にはほぼ無理ゲなんですけど…。

          仕方ないから予約するだけしておこうと、スマホから一応登録だけしてみたのですが…なんか…パタのアドレスは栃木県で使われてるんだってさ…。

          何それ…怖い…。

          てゆーか、天下のアップルさんなのにあまりにも不親切。むしろ殿様商売すぎる。

          もっとみんなが使えるような設備にしてくださいよ…マジで…。

          ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
          entry_bottom
          すれ違わない
          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            ちんたらドラクエⅪをやっているので全然進んでないパタです。

            今ちょっと、教会が見当たらなくてやめられないのですが、ユグノア城の地下で悲しい思い出をたどっているところです。

            なんだか結局透析のときに1時間ぐらいしかできないので、あんまり進まないんですな…。

            でも、世間様ではもうみなさんとっくにドラクエ終わらせちゃったようで。まあパタは、進み方ものろければ、手を付けるのものろかったのでしょうがないところもあるのですが。

            進行具合がのろくて何が困るって、すれ違い通信をしても反応が鈍くなっちゃうことですよ。

             

            ちょっと前ならバッグに3DSを忍ばせて歩けば、最近やってるゲームはドラクエ!という方がたーくさん釣れたのに、最近釣れても全然違うゲームをやられている方ばっかりです。

            というか、ドラクエは一種イベントだったようで、先日お花のときに、秋葉原を通過するからと思って、腰の激痛の中重たい3DSLLを忍ばせて行ったのに、一人もつれなかったときは本気でがっくり来ました…。

            皆さんもう、通常生活に戻られたんですね。時節に疎いパタはゲームまで乗り遅れているようで。

            これじゃヨッチ族も全然集まらないし、切ない限りです。

             

            ちなみに、パタ調べでは意外とお仲間が釣れるのは病院やホームセンターです。

            ただしこの2か所では、おそらく退屈した子供が暴れださないように親御さんが与えるのか、Miiが明らかに子供…って感じだったりします。

            なんか…話題が学校だったり、あからさまに本名を名乗っちゃったりしてね。

            そんな無防備でどうする…と年配のゲーム友達のパタはハラハラしちゃうのですよ。

            いくら退屈した子供が扱いづらいからって、やっぱり時と場所を考えてゲームさせたが良いようです。

             

            まあ…とりあえず表の世界ぐらいは攻略したいので、これからもボチボチ頑張りたいと思いますが、なんかすでに飽きてきた気がしなくもない。

            ほんと…年配にはレベル上げとか洞くつ探検とか、酷ですわ。

            もっとあっさりしたRPG希望です…。

            ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
            entry_bottom
            分厚い…
            0

              JUGEMテーマ:ゲーム

               

              平日はまとまった時間が取れないので、土日に集中してドラクエをやります。

              どうもね…年齢とともに忍耐力もなくなっているのか、レベル上げとか洞くつ探検とかが面倒で面倒で…。3Dにして楽しく見ながら進めればいいのかもしれないけど、それをやると酔うわ迷うわでどうにもならないので結局2Dのまま進めざるを得ないし。

              まあそんなことで今は平均レベル30ぐらい。メダル女学園を経てプチャラオ村です。

              あんまりだらだらやっているもんだから、今日は初めて3DSの電源が枯渇しました…こんなことは初めてです…。

              あわてて今充電しているところ。会社に持っていく特に、すれ違い通信用に電源つけっぱなしで持ち運んでもどうってことないのに、やっぱりずっとゲームしてると電気を食うんですな…当たり前と言えばそうですが。

               

              ところで、今のところ特に大きな問題もなく進めていますが、各人に何の武器を持たせたらいいんだろう…とか、クエストの解答がわかんない…とか、そのほかにも地図が広大過ぎてどこに何があるのかわかんない…ということで、Amazonで攻略本を買ってみました。

              Amazonだと表表紙しか見えないし、なんだこれ…高いなあ…ゲームの攻略本ってこんな値段なのかなあ。ボルなあ…などと思いながら届いたのを見てみたら、電話帳か!と突っ込みたくなる分厚さでした…。いや、近ごろの若い子はもしかすると電話帳なんて知らないのかも。辞書とか百科事典とか…いや、もしかしてこれらも電子辞書とかの台頭で知らないかもしれないけど…とにかく厚みが5センチ近くもある代物でした。

              こんなもの、持ち歩くなんて論外だし、自宅で見るにも不自由すぎる。まあ…見れば内容は充実しているようだけど、こんなものゲーム終わったら邪魔以外の何物でもないし…。ゲームにつけて売るしかないのかなあ。なんだかなあ。

              まあ…役に立たないことはないようだし、特に各地の地図はありがたいので、自宅にいるときはこれでチクチク楽しむことにします…。

              ううん…本屋さんで出会っていたら絶対買わない類のものだな、これは…。

              Amazon信望もいい加減にしようと思ったりそうでもなかったり…。

               

              幽落町おばけ駄菓子屋 夏の夜空の夢花火 (角川ホラー文庫)

              読書報告。蒼月 海里著「幽落町おばけ駄菓子屋 夏の夜空の夢花火」読みました。

               

              角川ホラー文庫の人気シリーズですが、この巻は怖いところは少しもなくて、どっちかというとポプラ文庫ピュアフルにでも連載した方がいいんじゃないの…というような、何とも穏やかな雰囲気のお話でした。

              まあ…このシリーズにもちょっとおっかない人は出てくるのだけど、その人のお話は小休止なのでしょうか。主人公たる大学生の彼方君も、竜の化身である水脈さんも、どうにもほんわかしていて、おばけというのが童話に出てくるレベルのおばけに過ぎず、まあ心の弱いパタにはちょうどいいのかな…と思いながら読んでました。

              今回は、ジローさんのお話がよかったです。いつも水脈さんにデレデレで、かなり偏ったジローさんの男気を見せてもらった気がしました。

              楽しく読めるご本なので、続きも楽しみにしています。

              ゲーム | comments(2) | trackbacks(0) | -
              entry_bottom
              どハマりしたゲーム、ある?
              0

                どハマりしたゲーム、ある?

                 

                こ、これは…答えないわけにはいかないよね!

                パタ的にどハマリしたと言えばやっぱり逆転裁判シリーズ。元祖逆転裁判から逆転検事、大逆転裁判、レイトン先生とのコラボまですべてコンプリートしております。命の泉です…w

                 

                つい先日、大逆転裁判2をクリアし、かなり熱っぽく感想を書いたところですが、今日は美容院に行って逆裁友達の美容師さんと熱く語り合ってきました。

                ストーリー面白かった!とか、バンジークス君かわいかったよね!とかです…浅い感想だなあw

                彼女ともつくづく話し合ったけど、やっぱりあの大逆転裁判は、上下巻とするのが正解だった気がします。本当に、1だけやって消化不良感に離れちゃった人が多いんじゃないかと思うとつくづくもったいない。

                2であんなに鮮やかな解決が望まれると知っていなければ、それはつらい終わり方でしたよ…。

                まあ…パタ的にはもう1作ぐらい、あのラインで出してほしいところだけど…バンジークス君をもっと見たいし、実際警部になるジーナさんも見てみたいw

                この辺から熱いエールを送っても駄目でしょうか…w

                 

                そして今はドラクエ11をやってます。

                どハマリというほどではない。やっぱりレベル上げとか洞くつ探検とかが面倒くさすぎる…。

                あとやっぱり、地図が欲しい…攻略本買うかなあ…いろいろありすぎて、何を買ったらいいのかよくわかんない…。

                勇者には片手剣を持たせたり、大きな剣を持たせたりしているけど、何がいいかもよくわかんない…。

                まあこのように手探りでも最終ルートにはいきつくゲームではありますが、かなりもどかしい感じはします。

                今日はそのドラクエ11と、スマホのアプリで最近はまってるガーデンスケイプという、庭を作るゲームが6時間フリーだったのでやり倒して、今目からくる頭痛でピンチです…。

                いい大人としては何をやってんだか…という感じです…。
                 

                ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
                entry_bottom
                …酔った
                0

                  JUGEMテーマ:今日のこと

                   

                  どうも我が家のWi‐Fiは調子がいまいちで、スマホや3DSと同時に使おうと思うとたちまちパソコンがネットにつながらなくなっちゃったりするのだけど、だからと言ってそれをいじるほどの腕もパタにはなく…。

                  今日も不調でぶうぶう言いながらいろいろやってました…天音日記、いつまで引っ張るんだろうか…ちょっと長めの文章を書く忍耐力がなくってねえ…もとい。

                  そんなことで今日もドラクエを進めたのですが、ほんのちょっぴりしか進みませんでした。

                  …あれやってると気持ち悪くなるんですわ…。

                   

                  いや、ストーリーは今のところセオリー通り、王道だと思うし、町人の一人が言っていたように、人のうちにずかずか入り込んでタンスをあさりまくり、壺を壊しまくる勇者、どこの盗賊かと思いますが…そんなことよりも何よりも、なんかどっちの画面を見ていても酔うんですわ…。

                  楽しく進めている割に、だんだんオエッとなって来るって…本当にいろいろ対応しない年齢になっちゃって。

                  透析の病院に持ち込んでもいいけど、やっぱりドラクエは両手を使わないとやりづらいので、ちょっと難しい…と思っているからお休みのときに少しでも進めておきたいのに。

                  世間ではすでにドラクエ終わっちゃって虚脱状態になっている人が多くいるようなのに…まだ隣のお城にしか行ってないパタって…まあスタートが遅かったからしょうがないんだけれどもw

                  まあ…長期戦で楽しむしかないでしょうかね。これからまたちょっとやろうと思いますが、また寝る前にオエッってなっちゃうのかなあ。

                  本当にいろいろ難しいお年頃です…w

                   

                  ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  entry_bottom
                  クリア!
                  0

                    JUGEMテーマ:ゲーム

                     

                    昨夜、「大逆転裁判2」完クリしました!

                    大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-

                    とても楽しかった! さすがタクシュー!と言わざるを得ないw

                    パタは一連の逆転裁判はみんな神ゲと思っているので、どれをとっても楽しいのですが、それでも前作の「大逆転裁判1」はかなり未消化な感じがしました。

                    お話のメインキャラクターであると思われた亜双義君がいきなり頓死してしまうし、お話の序盤で殺されるイギリスからやってきた大学教授についてもなんだかはっきりしなかった。お話の根幹の大事なところがみんなぼかされた感じで、評価が低かったのもまあしょうがないかな…と納得しちゃう感じ。

                    まあパタは、このモヤッとする感じはきっと次作への伏線に違いない…とかえって喜びましたが、あのモヤリ感で離れちゃった人もいるかも。

                    その辺の消化不良な感じをきれいに拭い去る話運びで、細かいところまで次々と明かしてくれて、おお、これぞ逆転裁判の世界…とわくわくしましたとも!

                    これは、もしも新しく手に取るなら、独立したお話とは言え必ず1からプレイしてほしいところです。

                    そして、パタ的には題名に数字を振るんじゃなくて、最初から潔く上下にしたらよかったのに…と思います。

                    それなら前作をプレイしてモヤッとして低評価した人もいろいろ納得したんじゃないかなあ…でも、お話が進むごとにどんどん魅力的になっていくバンジークス検事にまた会いたいから、この先のお話が出る余地があるのはうれしいところです…お話の最後にナルホド君がこれで終わり、とか言っちゃってるけど…。

                    次のお話ではぜひ、バンジークス検事のデコのバッテンについてのエピソードなんかあるとうれしいなっ!

                    久しぶりにわくわくするゲームでとても充実しました!

                     

                    さてそしてパタはすでにドラクエ11を入手して始めちゃってます…。

                    ノベルゲームばっかりやっている目には、キャラクター動かすのが億劫で実際頭痛い…まだ面白いと判断できるところまで進んでませんが、幼馴染うざい…主人公のヘアスタイルもうざい…。

                    パタはうっかり主人公に、うちのこつぶちゃんの愛称をつけちゃったので、なんかどうにも緊張感がなくて困りますw

                    まあこれもおいおい報告できると思います…。

                    ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    entry_bottom
                    ジレンマ
                    0

                      JUGEMテーマ:日々のくらし

                       

                      今日は本も読んだし、組みひもしつつゲームもやりました。なかなかパタ的に充実したお休みでしたw

                      ゲームはもちろん、大逆転裁判2。今5章。ついにラスボスを引っ張り出してきて、1,2を通じた最後のクライマックスに差し掛かってきて、わくわくすると同時にジレンマも感じています。

                      ものすごく先が気になるけど、あんまり急いでやっちゃって終わっちゃうのが悲しい…というw

                       

                      いつもいつも、楽しいゲームの後半に感じるジレンマではあります。

                      結末が早く見たい。でも、この楽しい時間を少しでも長く楽しみたい…という、本当にチャイルディッシュなこととは思いますが、それこそ身をもむような(大げさ…)焦燥感でありますw

                      まあ実を言うと、発売発表当初から予約していたパタはもちろん予約特典もゲットして、最終章まで進んでも、あと2章ほどのおまけストーリーもゲットしてはいるのです…。

                      でもやっぱり少しでも長く楽しみたいよう…。お話が進むごとにどんどんバンジークス君が魅力的になってきて、もっと見ていたい…!と感じているところですw

                      そして、それを語らうお友達も欲しいけど、それは一人を除いてちょっと難しそう…一生懸命すれ違うようにしているのだけど、いまだに一人しか同好の士とすれ違ってないという。

                      少数派なのかなあ。楽しいゲームなんだけどなあ。

                      まあ…次にはドラクエ11を買うことで間違いないとは思いますが、もうちょっとこの空気を楽しみたいとは思います…。

                       

                      ぬいぐるみ警部の帰還 (創元推理文庫)

                      読書報告。西澤 保彦著「ぬいぐるみ警部の帰還」読みました。

                       

                      ぬいぐるみをこよなく愛す、キャリア美青年の音無美紀警部が探偵役となってお話が進みます。

                      まあ警部がぬいぐるみが好きだっていいじゃない…有能なんだから…とは思いますが、それが彼のものすごい欠点のように描かれているところはちょっと納得いかないかなw

                      ぬいぐるみ好きが警部の変人としての条件で、他のメンバーも、妄想癖のある女性刑事とか、ミステリオタクの刑事とかいますが、いずれにしろそう変人の類とも思われず。

                      まあ確かに、警察という職務であの軽さはないだろう…とは思うものの、変人としてのパンチには欠けるような気もしますw

                      登場人物について文句を言いました、ミステリ部分はなかなか読みごたえがあり、おもしろかったです。

                      …でも、パタの本棚事情から言うと、続きをわざわざ取り寄せて読むほどではないかな…とも思います。薄情な感想ではありますが。

                      まあ、読みやすくて面白いミステリでした!ということで。

                      ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      entry_bottom
                      shelf
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      blogram
                      blogram投票ボタン
                      search