まいったね…
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    花粉の季節の到来のせいでしょうか、なんか無性にだるいんですけど…。

    今日あたり、やたらくしゃみが出て鼻がずるずるするので、しょっちゅうトイレに鼻をかみに行ったりして忙しなかった。もうちょっとひどくなるとやけになってその辺で鼻もかんじゃうんだけど、仕事もさして忙しくないとわざわざ足を運んだりします。いいんだか悪いんだか。

     

    ところで、今日はお昼の電話当番だったので、みんなとずらしたお昼休みだったのですが、社員食堂に行ったらかつて隣の部にいた、パタと同年代の困ったちゃんと遭遇しました。

    彼女はたぶん、中学生ぐらいで頭の中身の成長が止まってる…ある意味とてもまっすぐでまじめな子なのですが、そのベクトルが変な方を向いているので扱いづらいです。

    あんまり面倒くさいから、フロアが分かれたのを機に、少しずつ距離を取る作戦でいるんだけど、あまりにも露骨なのも…と思い、今日は心して隣に座ったらやっぱりやられました。

    一から十まで人の悪口を聞かされちゃいましたよ…。

     

    や、そりゃパタだってね、人のうわさ話は好きですよ。

    でもね、悪口を言うときには場所とか、ちょっとは気にするですよ。

    それなのに彼女ときたら、みんながいる社員食堂、しかも大きなテーブルで相席、なのに大声。

    仕方なく相槌を打つパタまでまるでその悪口に加担しているようじゃないの…。

    改めて見回すまでもなく、その大きなテーブルには彼女の標的の先輩と仲の良い人もいたりして。

    あああ〜やだなあ、もう…。

    彼女はよく自分の目の悪いのを言い訳にするけど、そんな時点ではないですよ。

    またしても彼女に対するパタの足が遠のくのを、彼女は予想しないのだろうか。それともわざとかなあ。

    とにかく、おいしいはずのお昼御飯が妙にしょっぱかった…ということで。

     

     化け猫島幽霊分校の卒業式 (メディアワークス文庫)

    読書報告。上野 遊著「化け猫島幽霊分校の卒業式」

     

    主人公は念願だった教師になったものの、生徒とトラブルになり失意のまま退職した元教師。

    大学の同期だった教師仲間の女性に半ば騙されるようにして送り込まれた無人島で、幽霊ばかり4人の教育を依頼される…というお話。

    最近台頭しているラノベ寄りのこういう軽い文庫にありがちな、言葉の響きだけで目を引こうとするような姑息な文体じゃなく、きっちり読ませてくれました。ストーリーも…まあ最後の方、ちょっと納得いかない気もするけど、かなりしっかり練りこまれているなあと思います。うん、おもしろかったです。

    なによりも、4人の幽霊の子たちが生き生き描かれていて楽しかった。題材としては結構シリアスなお話ですが、最後、ほろ苦いながらもハッピーエンドと思えてよかったです。

    主人公たる覚先生、リアルな教師生活でも、幽霊対象でも、ハプニングがいっぱいで、教師ってそんなに大変な仕事なんか…とか思ったりw

    ぜひ覚先生には復職してもらって、より良い学園を築いてほしいところです。

    仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863108
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search