手が…
0

    JUGEMテーマ:今日のこと

     

    今日は午前中大学病院のペイン科、午後は美容院と頑張りました。

    美容院って何気に体力使うらしく、結構くたびれます。パタは結構な確率で、美容院で風邪をもらってきちゃうので、戦々恐々です。

    ところで、パタが気に入っている美容師のお姉さんが、先日から産休に入り、今日久しぶりに行ったら違う人がやってくれました。でもその人はもともと補佐をしていたような人で、なんか何をするにも慎重で時間がかかり、その割にはお姉さんがいつもやってくれた軽いマッサージは忘れるし、…うーん…って感じでした。

    特に、髪は伸びた分だけ切ってくださいとお願いし、以前は産休のお姉さんがやってくれたんだから、これで通じるのかいな…とは思ったものの、がっちりカルテに記入してあるようなので任せたら、なんかもう…鋏をちょっと入れた時点で、お姉さん早く帰ってこないかなあ…という感じになってしまいました。

    もしも、お姉さんが保育園の都合とかで帰ってこないことになったら、たぶんパタは美容院を変えると思います…。

    そんなことで、今日はせっかく美容院に言った割に不本意な頭です…。

     

    ところで題名の腕が…ですが。

    病院から帰宅したら一人だったので、美容院の予約までにお昼ご飯でも食べようか…と思って支度をしていたらベルが鳴るですよ。

    インターホンの画面には作業服を着たようなお兄さんが映っていて、こつぶちゃんが玄関で吠えまくるので、配達かな?と思いながらとりあえず抱えて出てみたら、貴金属やブランド物の古物商のお兄さんでした。

    話したら帰りますというので、こつぶちゃんを抱えたまま話を聞いてみたら、まあ直接は言わないのだけど、持っている不要な貴金属を出せ…とそんなお話でした。

    パタが持っている貴金属なんて本当におもちゃみたいなもんだし、一応現役のOLなんだから、貴金属は持っていれば使うかもしれない…と思うので、お兄さんには早く帰ってほしいのに、貴金属がないならブランドバッグはないかとか、なんとも粘り腰なのでした。

    話口調がみやぞんみたいで、わかりやすい人懐っこさを演出しているなあ…とは思いましたが、そんなにつっけんどんにするほどでもなく、とりあえずパタは、抱えたこつぶちゃんを離さないという手段に出たのです。

    抱えていたわんこを下ろしたら、本腰を入れてお話を聞きますよ!というサインみたいに見えるじゃないですか。

    そうしたら、こつぶちゃんは抱っこ大好きなのでそのまま落ち着いてしまったし、お兄さんはなかなか帰ってくれないしで、パタは大変苦労しました…。

    こつぶちゃんポメの癖に5キロもあるんだもの…。母にダイエットを任せると、ちょっと体重が減るとかわいそう…!と言ってご飯を増やしてしまうので、リバウンドしまくりなのでした。

    しかしまあ5キロのわんこは抱えるに限界がありますわ…。

    そうして今もって腕が変な感じなのです…変な訪問販売を撃退するのに、こつぶちゃんを利用するのはやめようと思い知った一時でした…。

    日常生活 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://patapata.biburio.com/trackback/863756
    TRACKBACK BOTTOM
    shelf
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    blogram
    blogram投票ボタン
    search